« タカの渡り  小雨降る中ハチクマが飛んだ | トップページ | 地元の川で半日を過ごす »

2019年9月25日 (水)

昨日のカケス飛翔  1200pixel等倍画像

 昨日、ニコンのミラーレスAPS-C発表の噂を目にした。本当に近々発表されるのかどうかは知らないが、動向を見ていると時間の問題だろうとは思う。総合性能でニコンがソニーに追いつくのは何時になるのか、追いつき追い越せるのかは疑問に思う。ミラーレスにしなくても一眼レフで十分と思うが、市場の流れがミラーレスに向いているので仕方ないのかな・・・
単に写真を撮るという面でミラーレスの何処が良いのか分からない。ミラーが無いので小型軽量になる、ミラーアップが無いのでショックによるブレが少なくシャッターを押した後のレスポンスが速くなり連写コマ数も多くなる、ぐらいしか想像できない。悪い点としては電池の寿命が短くファインダーがOVFに比べ見難いように思う。V3ではブラックアウトが無く鳥の動きを追いやすかったが、EVFのファインダーは見難くレスポンスが少し遅かったように思う。画像の奇麗さとか高感度性能にAFの速さと追従性などは、ミラーレスと一眼レフでの違いは無いのではないかいな。単に最新技術かどうかで決まり、新機種が出るたびに少しづつ進歩し続けている。
一眼レフのD850、D500の後継機が発売されずミラーレスに移行するなら、大きさと重量はD7500ぐらいにして欲しい。手持ちでは小さすぎると持ちにくく、軽いと振り回す時のバランスが悪い。一眼レフの後継機が出ることを期待しているが多少心配になってきた?・・・今のカメラを使い続ければよいだけのことかな。カワセミは現状機材で十分だが、遠い猛禽を今以上に奇麗に撮って大きく拡大したい。腕は今がピーク(少し落ち目かも)で、もう良くならないので機材に頼る。


昨日撮影したカケスの1200pixel等倍画像を掲載
01dsc_7804

02dsc_7823

03dsc_7824

04dsc_7828

05dsc_7830

  
今日もタカの渡りかと思ったが、天気予報では北西の風が強く南に流れると思うので明日にする。サシバにツミを撮りたい。

|

« タカの渡り  小雨降る中ハチクマが飛んだ | トップページ | 地元の川で半日を過ごす »

野鳥色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タカの渡り  小雨降る中ハチクマが飛んだ | トップページ | 地元の川で半日を過ごす »