« ササゴイⅩⅣ D850と500㎜f5.6PF高感度撮影 | トップページ | カワセミ そうだ植物園行こう »

2019年9月 5日 (木)

D5と500㎜f5.6の高感度画像

 D850と500㎜f5.6の高感度画像を調べたが、ならば所有機材の中で高感度NO1のD5も調べねばならぬと昨日の夕方にやってみた。やはりD5が高感度のみならず写りもNO1であるのは間違いないと確認、D6の画素数が4500万画素以上(APS-Cトリミングで2000万画素クラス)なら買っても良いかと思ったが、そんな仕様にならないだろう。少し安いD850後継機に期待するが6000万画素機になるかな、更に安いD500の後継機で3000万画素機なら尚更良いが、この先どうなるのやら。

地元のカワセミは昨日の状況では全くダメ、ササゴイは簡単に撮れるので面白みがない。今日は、かなり久しぶりとなるが植物園に行ってみよう。カワセミがダメでも何か撮れるだろう。アサギマダラ、伊吹山では真夏でも撮れるが植物園では少し早いかな。

モードA、f8で撮影、画像はトリミングでフルサイズから2倍に拡大
ISO1600 SSが遅く少しブレている。
01iso1600

ISO3200
02iso3200

ISO6400
03iso6400

ISO12800
04iso12800

ISO25600
この辺りになるとアカン、ノイズよりベタ感が気になる。
05iso25600

ISO51200
06iso51200

ISO102400
07iso102400


iso102400 1段増感
増感はD850も同じだが別物画像
08iso1024001dan

参考
ISO102400ノートリ
09iso102400notori

 


今朝の夜明け前に部屋の明かりを消し隣の部屋の明かりが多少差す中で撮影した。肉眼では暗くて細かい所が見えない状況、手持ちでは少し重い機材で撮れたのに改めて驚いた。三脚使用でSSをもっと遅くすれば実体とは違うが明るく撮れるだろう。

D5と500㎜f5.6PFの手持ち、モードA、ISO25600、f5.6、SS1/40
露出補正-1にしないとブレてまともに撮れず。
ノートリ
10dsc_5866

トリミングで2倍に拡大
11dsc_5866

|

« ササゴイⅩⅣ D850と500㎜f5.6PF高感度撮影 | トップページ | カワセミ そうだ植物園行こう »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ササゴイⅩⅣ D850と500㎜f5.6PF高感度撮影 | トップページ | カワセミ そうだ植物園行こう »