« カワセミ そうだ植物園行こうⅡ | トップページ | ツツドリとクマタカの様子見で2ヵ所巡り »

2019年9月 7日 (土)

D5、D850、D500のISO12800の画像比較

 レンズに500mmf5.6を使用し、室内で置物相手にD500も追加撮影して比較で並べてみた。

3機種の撮影日が違うので多少その影響があると思うがD5が多少細かい描写が良いように思う。どのカメラも高感度ノイズ除去はONにしており、ISO12800は仕様範囲内で、置物相手では大した違いは出ないようである。どの画像もトリミングによる拡大以外は無修正、WBをオートしているので多少色味に違いが出ている。
フィールドで使用した感触はD5>D850>D500と思っている。せいぜいISO4000ぐらいまでで、どちらかというとISOを抑え暗い目に撮影してソフトの露出補正で明るくしていた。D500が少し劣ると思うが撮影時に明るく撮影すると案外良いのかも知れない。これまでの感触は、レズに150-600㎜、80-400㎜、300㎜f4+TC14Ⅲを使用してのもので、高価な500㎜f5.6や更に高価な600㎜f4なら、D500でも初めから明るく撮影すればISO6400ぐらいまでは、高感度ノイズに描写潰れのベタ感は自己満足出来る範囲かな・・・もちろんどんよりした曇り空や日影での飛翔撮影の話で、夕暮れや早朝では無理だろう。
尚、所有しているD500は、500㎜f5.6とは相性が良いようだ。600㎜f4では良かったがズームレンズ(特に150-600㎜)ではD7500の方が良かった。ピントの僅かなズレの問題と思うが気になるレベルだった。

  
●D5を約倍に拡大し大きさを揃えている。
D5
01d5128001

D850
02d850128001

D500
03d500iso128001


●上の画像を2倍に拡大
D5
04d5128002

D850
05d850128002

D500
06d500iso128002

 
D500と500㎜は750㎜の手持ち撮影となる。フルサイズ機の500㎜撮影と違い、シャッターを押した時に揺れる。VR・ONで撮影しているので写りには関係ないが、飛びもの撮影での被写体はみ出しが多少気になる。

|

« カワセミ そうだ植物園行こうⅡ | トップページ | ツツドリとクマタカの様子見で2ヵ所巡り »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ そうだ植物園行こうⅡ | トップページ | ツツドリとクマタカの様子見で2ヵ所巡り »