« ミサゴその③ 急降下 | トップページ | 撮影休み  花止まりの蝶 »

2019年10月12日 (土)

ミサゴその④ 10/9のミサゴラスト

撮影休み

ニコンからZ7、Z6用のバッテリーパックNB-N10発売のニュースを見た。バッテリー2個で撮影枚数が1.8倍に増えるのは良いことだが、主な特徴に書かれていた「望遠、中望遠レンズ使用時にはMB-N10を装着することで、ホールド時のバランスが良くなりグリップ感が向上」これがアカンがな。一眼レフであろうがミラーレスであろうが、望遠、中望遠は大概のカメラマンが使用すると思うが、特に動体手持ち撮影にとっては重要なところ、初めからバランスとグリップ感を考えて作らんかえ。小型、軽量がユーザーの一番多い要求と思うが、レンズ交換式でバランスとグリップ感を犠牲にしないで欲しいな、小型軽量はコンデジに任せれば良いのではないかいな。ミラーレスの総合性能が一眼レフを完全に超える時が来れば、ミラーレスに代えるつもりの動体撮影者の戯言です。
鳥撮影期間はせいぜい後10年、今の一眼レフで98%満足なのでその時が来るかな~?

10/9のミサゴラスト画像です。
たくさん撮ったが良い画像は連写での同じようなシーンばかり、おまけにミサゴは日差しが強いとよほど近くないと白飛びする。猛禽の中では飛ぶスピードがゆったりしているので撮りやすく撮影チャンスも多いが、解像感を満足できる画像が中々撮れないのが残念。
高速料金が必要な遠征なので姿を見せればシャッター押しまくり、行くと毎回後の整理が大変で嫌になる。腕に自信があればシャッターを押すのを限定するが、まだまだその域に達していない。

  
●D500と500㎜f5.5
タッチアンドゴー、魚を捕るつもりだったのかバシャッといったので水しぶきが上がり上手く撮れず。
01dsc_2564 02dsc_2565

海面をなめるような滑空、手前にピントが合っている。
03dsc_2597
ピントはマシ
04dsc_2598

05dsc_2654

06dsc_2942

通常の飛び込んだ後の飛び出し
07dsc_2972_20191012102301 
飛び出した後は風向きの関係で後ろ向き。
08dsc_2974_20191012102301

飛び込んだ瞬間
09dsc_3012
小さな魚を掴んでいる
10dsc_3214

魚無し
11dsc_3421_20191012102401

そこそこの魚を捕った。
12dsc_3614
13dsc_3626 14dsc_3627 15dsc_3629 16dsc_3638


●D500とTa18-400㎜
1200pixel等倍 ここまで拡大すると写りはC級レンズ
21dsc_3947 

着水した瞬間
22dsc_3966 23dsc_3968


●オマケでオシドリ
何やらカモが飛びまくっていたので撮ったが、この時はオシドリだった。
D500と500㎜f5.6
31dsc_3649

D500と18-400㎜
32dsc_3895

 

|

« ミサゴその③ 急降下 | トップページ | 撮影休み  花止まりの蝶 »

ミサゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミサゴその③ 急降下 | トップページ | 撮影休み  花止まりの蝶 »