« 期待外れ | トップページ | カワセミ  出は2回でサービス無し »

2019年10月 4日 (金)

カワセミ  親指AF(AF-L)を試したが、もう一つ

 かなり以前に、カワセミ撮影現場で飛びものを追うのに親指AFが良いと聞き、試したことがあるが上手く撮れずだった。今日再度試してみたが結果はもう一つでアカンかった。AF-Cの優先をレリーズに設定し、親指でAF-Lボタンを押し続けて連写するのだが、親指の感触が気になりカワセミを追うのに集中できず。やはり優先をフォーカスにしてシャッター半押しで追うのが慣れているので良い。

カワセミは一度登場して少し遊んでくれたが、動きもの撮影の機会は少なかったのが残念。D500と500㎜f5.6の750㎜での撮影、対岸なら良いがこちら側に来ると近すぎてファインダーで追えず、単焦点レンズよりズームが良い。今あるズームはTa18-400㎜で、撮ることは出来るが歩留まりが悪く画像ももう一つ。純正80-400㎜や1用70-300㎜を所有していたが手放しており、もう一度買う気はしない。120-300㎜f2.8の開発が発表されたが、重くて高すぎるやろうな。f4で軽量のPFレンズを開発してくれないかな~~。


昨日はサービスが良かったそうだが今日は駄目だった。

飛びものを何とか抑えたのは一度だけ、画面の端にかろうじて入っていた。
19100401

19100402

19100403

19100404

19100405

19100406

19100407

19100408

19100409

19100410

19100411

19100412


撮影機材:D500、600㎜f5.6、手持ち撮影  撮影枚数:304枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

|

« 期待外れ | トップページ | カワセミ  出は2回でサービス無し »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 期待外れ | トップページ | カワセミ  出は2回でサービス無し »