« カワセミ 中流から支流を歩く | トップページ | カワセミ 出が物足りなかった »

2019年11月 1日 (金)

10月の狙いの鳥

 10月は、あまり動かずで植物園にも行ったが地元でのカワセミ撮影が多かった。一度だけミサゴを撮りたくなりひとっ走りしたが、風向きなどの撮影条件がもう一つでパッとせず。カワセミの出は例年通り冬に向け徐々に良くなっているが、ハヤブサは3度様子を見に行ったが1度見ただけで先が思いやられる。粘っていないので今後どうなるかは・・・・
終盤、以前から多少気になっていた連写でのブラックアウトが更に気になり、ミラーレスのV3の使い勝手を再チェックし、軽量ズームレンズの70-200㎜f4の中古ををカワセミの近距離撮影用に購入した。以前使っていた1用70-300㎜では、中流のカワセミ撮影で手前側や支流では200㎜前後での撮影が多かったからである。中流のカワセミは多少出が良くなったようだが、河原や土手の雑草刈りが終わっておらず、こちら側に止まると見えないのでこちら側に止まった時の検証は出来ていない。主にV3で使用するつもりだが、一眼レフでも花に虫や風景に使用できるので、サブレンズとして”まあエエやろう”というところ。
  
0110


昨日の夜、V3と70-200㎜f4で月を撮った。写りはV3なので2.4倍の拡大画像を見るとレンズとしてはOKのレベルだろう。
ノートリ
02dsc_69721


トリミングで2.4倍に拡大
03dsc_697224

等倍
04dsc_6972tobai 

|

« カワセミ 中流から支流を歩く | トップページ | カワセミ 出が物足りなかった »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 中流から支流を歩く | トップページ | カワセミ 出が物足りなかった »