« 青空バックの飛翔、濃い青空を出すのは難しい | トップページ | カワセミ あの頃は良かった »

2019年11月21日 (木)

オオワシ2019-20Ⅱ 飛翔が撮れたが逆光で奇麗に撮れず

 10時前に現地着、日差しが強くて奇麗な画像は撮れないと思いながら麓に行った。昨日同様カメラマンは暇そうで、聞くと南西の今西方面に飛び、魚を捕って木の上で食べ休憩中と聞いた。10時45分ぐらいに帰ってきたので、連写したが逆光で画像は解像せず。山の斜面の見えないところに隠れたが、もう一度漁に出ると期待して待つ。なかなか出てこず12時半頃と1時過ぎにクマタカが飛び、今日はアカンと思ったが3時まで待った。風が多少強くなり寒くなったので諦めて引き上げた。
昼から山科川周辺のカメラマンが来たので、冗談半分(本気半分)のバカ話でワイワイガヤガヤで時間は潰せた。

奇麗に撮るならロクヨン持参だが、もう一回手持ちでオオワシの動きを見よう。

  
オオワシ飛翔
空抜けは追えたが林がバックに入るとピンボケ連発、日差しの強い日はやはりアカンかった。
19112101

19112102

19112103

19112104

19112105

19112106


クマタカ
遠すぎて全く解像しない。どうせアカンなら大きくしようと1200pixel等倍に拡大した。
19112107

19112108

19112109

19112110


ハイタカ
クマタカに比べれば近かった。1200pixel等倍
19112111


オオタカ
これは近かった。3倍に拡大
19112112 


ソニーのα9と200-600㎜f6.3を持ってきていた知り合いのカメラマンに触らせてもらった。手持ちで使えそうな重さでAFも速そうに思ったが、今日の機材D500と500㎜f5.6に比較して爆速とは思わなかった。TCが着いていたのかな・・・・。AFの追従はかなり良いそうだが、カメラの追従だけで上手く飛翔連写の歩留まりアップが出来るだろうか?、特に今日の明るい林バックのオオワシはどうだったのか気になる。今日のD500と500㎜f5.6PFでのオオワシ飛翔の歩留まりは、画像の良し悪しは抜きにして(日差しが悪かったので)空抜けはほぼ100%OKで林バックは25%ぐらいだった。
ブラックアウトフリーが魅力で安ければ買い増しするが、高過ぎて現有の高価機材の下取り無しでは購入出来ない。ニコンの機材の使用感で、動きの速いカワセミや近距離のハヤブサ撮影時のブラックアウト以外は特に不満は無く、撮影距離の遠い猛禽ではブラックアウトは全く気にならない。日頃カワセミ主体なので、カワセミが現状の腕で(最近、反射神経の衰えで降下気味)今より奇麗に撮れれば欲しいのだが。


撮影機材:D500、500㎜f5.6PF、手持撮影  撮影枚数:156枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:2,780円(帰りの高速料金) 

|

« 青空バックの飛翔、濃い青空を出すのは難しい | トップページ | カワセミ あの頃は良かった »

オオワシ」カテゴリの記事

コメント

光線が強いとダメですね!昔、その日のオオワシはほとんど全滅でした。

青☆・ダムのヤマセミは、昨日7時半ごろ行きましたが常連さんと談笑していると、鳴き声がしてどこから来たのかサイコロブロックに留まってました。1匹魚を獲って50分ぐらい休憩後、湖畔右側へ消えました。常連さんによると、1時間ぐらいで戻ってくる時もありらしいです。必ずダムにいるとは限りません。

投稿: kaz | 2019年11月22日 (金) 08時22分

kazさん ご無沙汰です

ソニーのα9と200-600mm、調子良さそうですね。
昨日、持ってきていたカメランさんにお借りして、ファインダーを覗きシャッターを半押ししてみましたが、フォーカスの速さは良い感じでした。フルサイズミラーレス、一度使ってみたいですが、今季のオオワシは一眼レフで頑張ります。
ヤマセミは行こうと思いながら、オオワシ登場で行けずです。

投稿: 管理人 | 2019年11月22日 (金) 11時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空バックの飛翔、濃い青空を出すのは難しい | トップページ | カワセミ あの頃は良かった »