« オオワシ2019-20Ⅱ 飛翔が撮れたが逆光で奇麗に撮れず | トップページ | カワセミ  ヘッ・ヘッ・へ »

2019年11月22日 (金)

カワセミ あの頃は良かった

 在庫ネタで画像整理していたので掲載、朝からどんよりした曇り空なので撮影休みにするかも。出れればカワセミに行くつもり。


 最近のカワセミは撮影が面白くない。獲物を狙って水面を見る時間が長く、飛び込みは突然で真っすぐ早いスピードで飛び込むので撮り逃がすことが多い。魚を捕っても獲物は小さいゴリが多いので絵としてはもう一つ。獲物が小さいからといって連続して何度も飛び込むわけではなく、見えない場所で休憩に入るか直ぐに飛び去りよる。
昔、7年前から数年間は良かった。定年退職の年で平日撮影日となり、春から夏場は毎年地元のカワセミは不調になるので市内の都市公園に通い、秋から地元の川で2~3週間だが撮り放題の日もあった。餌取のダイビング10数連発で大きな魚を捕って休憩に入る。これにホバが入れば最高だった。冬場は、魚が深い場所に居るのか飛び込んで直ぐには出てこず、深く潜るので一呼吸あり水際が撮り易かった。上流から中流を飛び回ったカワセミの話だが、最近のカワセミは撮影場所が少し下流になっているためか、そのDNAを引き継いでない奴のようで面白みが無い。

掲載画像は、あの頃は良かった以前の10年前の餌取としてこれまでで一番面白かった連写シーン。
機材は、D300と328+TC17Ⅱ、当時はTC使用のメリット/デメリットを理解しておらず、大きく撮れれば良いと思っていた頃で画像は悪い。今なら機材が良くなっているのでもう少しマシに撮れると思うが、良いシーンに巡り合っていないので記録として残す。



大きな魚の尾っぽを咥えて水面から飛び出す。
01dsc_0497 

咥えた場所が悪く魚が跳ねて腰砕け
02dsc_0498

後は水面に落ちたりしながら四苦八苦で川中の石に止まる。
03dsc_0499

04dsc_0500

05dsc_0501

06dsc_0502

07dsc_0503

08dsc_0504

09dsc_0505

10dsc_0506

11dsc_0507

12dsc_0508

13dsc_0510

14dsc_0511 

15dsc_0527

咥え直してこちらの護岸肩へ
16dsc_0551

17dsc_0553

雛祭りのシーズン、給餌咥えで飛んで行った。
18dsc_0553


オマケ画像
ドデカサイズの魚咥えもの
19image

ドデカサイズの魚の雛への給餌、親が無理やり雛に飲み込まそうとしたが、最後は雛が後ずさりして拒否しよった。
I20mage  

|

« オオワシ2019-20Ⅱ 飛翔が撮れたが逆光で奇麗に撮れず | トップページ | カワセミ  ヘッ・ヘッ・へ »

カワセミ撮影記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2019-20Ⅱ 飛翔が撮れたが逆光で奇麗に撮れず | トップページ | カワセミ  ヘッ・ヘッ・へ »