« Z6 昨日の1200pixel等倍画像 | トップページ | Z6連写時のファインダー内の揺れは腕力不足、腕立て伏せで腕力を鍛えねば・・・ »

2019年11月30日 (土)

Z6 カワセミデビュー、動きもの撮影は難しかった

 Z6と500㎜f5.6PFの手持ちでカワセミに行った。カワセミの動きが悪く水際撮影のチャンスは少なく、数少ないチャンスの水際連写がZ6が扱いにくく大苦戦・・・というか撮影失敗だった。大苦戦の原因はファインダー、高速連写H⁺ではファインダーが黒くなるブラックアウトは無かったが、高速コマ送りのようなカク・カク・カクというような動きで、VRのため画面が動き見難くて追いづらかった。オオワシの撮影でも同様の動きを感じたが、VR・OFFの三脚撮影だったのでマシだった。慣れれば克服出来ると思うが、克服出来なければ問題で歩留まりがかなり悪くなる。ソニーのα9はどうなのかな~?、V3はOVFと同様で全くファインダー内で変な動きは無く問題ない。
Z6は、この状態ではカワセミなど動きの速い小鳥の飛翔は撮れるがあまり向いていないようである。それとも何か設定が悪いだけなのかな・・・?


動きものは断片的にしか撮れず、狙いは連続シーン。1枚だけ奇麗に撮れても面白みは無い。

19113001

19113002

19113003

19113004

19113005

19113006

19113007

19113008

19113009

19113010

19113011

19113012

19113013

19113014

19113015

19113016


止まりものを少々
19113017

19113018

19113019

19113020

電池は新型2本使用、1本目が96→14%で622枚、2本目が96→75%で297枚だったが新品で電池が安定していないのだろう。2,3回使用すると本来の能力になると思う。


撮影機材:Z6、500㎜f5.6PF、手持撮影  撮影枚数:919枚
移動:地下鉄  天気:曇り後晴れ
撮影経費:440円

|

« Z6 昨日の1200pixel等倍画像 | トップページ | Z6連写時のファインダー内の揺れは腕力不足、腕立て伏せで腕力を鍛えねば・・・ »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z6 昨日の1200pixel等倍画像 | トップページ | Z6連写時のファインダー内の揺れは腕力不足、腕立て伏せで腕力を鍛えねば・・・ »