« Z6で月を撮影 | トップページ | Z6 カワセミデビュー、動きもの撮影は難しかった »

2019年11月30日 (土)

Z6 昨日の1200pixel等倍画像

 500㎜f5.6ではカメラ内蔵の手振れ補正が設定できず調べてみた。使えないレンズ有りとの記述があったが、VRのついていないキットレンズでは設定できるので、VR付きのレンズでは使用できないようだ。持っている一眼レンズは全てVRがあるので、カメラ内のVRは使用できないようだ。カメラとレンズのVRで更に手振れ補正が良くなるのかと思っていたが残念。
ついでにAFを調べるとオートにターゲット追尾があるようだ。今日の撮影から帰って詳しく調べてみよう。AF-Cダイナミックのエリアを何種類か選択できるならなっているなら、状況に応じて腕でカバーするのだがと言いたいが、まだまだアカン。
昨日がゴジャゴジャあるがもっとシンプルにして欲しい。色々設定して多少の違いはあっても大して違いは何のではないかいな。色なんてプリンターと用紙によって変わる。

 

昨日の撮影画像を1200pixel(弱)の等倍に拡大した。

高くて遠いノスリ 
Dsc_0560

  
オオワシが山に向かってくるところ
Dsc_0633

  
頭上近くを通過
さすがに三脚撮影では上手く追えず顔にピント合わず、この角度での撮影は手持ちに限る。手持ちなら上手く撮れただろう・・・?
オオワシは遠くを飛んでいるとゆっくりに見えるが、スピードは速く近づくとアッという間に通り過ぎる。
Dsc_0655

|

« Z6で月を撮影 | トップページ | Z6 カワセミデビュー、動きもの撮影は難しかった »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z6で月を撮影 | トップページ | Z6 カワセミデビュー、動きもの撮影は難しかった »