« オオワシ2019-20ⅩⅢ 御食事とその後の飛び出しが近距離で撮れた。 | トップページ | カワセミ後アオバト »

2019年12月21日 (土)

オオワシの顔

 昨日の魚持ち帰り後のオオワシ止まりもの、距離が近く枝被りも少ないということから、これまででは最高に良い条件だったと思う。毎年行った時に1~2回は近くで見ているが必ず枝被りになっていた。手持ち撮影だったが上出来の撮影が出来て満足、機材の故障が無い限り撮れる撮影条件(日差し)だったのも良かった。止まりものだけで550枚ぐらい撮ったがボケは20枚も無かった。知人が横に居たので喋りながらリラックスして撮っていたのも良かったのかもしれない。三脚撮影と違い手持は、絶好のチャンスと思いガチガチになればピント抜けで失敗することも有る。もっとも15年以上も鳥を撮っているので、今では絶好のチャンスでもガチガチになることは無いが、飛び出しでは気が緩んだ瞬間に失敗することはある。止まりものでも色々な動きが有るので、リラックスして鳥を見ているのが一番、カリカリしていると気が散りシャッターを押す指先にも影響し瞬間の動きを撮り逃がす。

記念に顔の表情が良く分かる1200pixel等倍画像を掲載

01dsc_8460

02dsc_8462

03dsc_8492

04dsc_8536

05dsc_8539

06dsc_8596

07dsc_8608

08dsc_8620

09dsc_8632

10dsc_8640

11dsc_8641

12dsc_8651

13dsc_8711

14dsc_8727

15dsc_8763

16dsc_8768

17dsc_8779

18dsc_8790

19dsc_8799_20191221064501

魚を完食したと思っていたが、画像整理で最後は落としたのが分かった。
20dsc_8809


飛び出し直後のカメラ目線
この飛び出しは手持ち撮影としては完璧で(もちろん自分の技量での話)、これまでの撮影では大砲の三脚撮影も含め最高の出来と自己満足、もう二度と昨日のようなチャンスは無いだろう。
21dsc_8825

|

« オオワシ2019-20ⅩⅢ 御食事とその後の飛び出しが近距離で撮れた。 | トップページ | カワセミ後アオバト »

オオワシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2019-20ⅩⅢ 御食事とその後の飛び出しが近距離で撮れた。 | トップページ | カワセミ後アオバト »