« 月相手にZ6とD5の画像比較 | トップページ | 月相手にZ6とD850の比較 »

2019年12月 4日 (水)

カワセミ Z6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲで撮る

 カワセミは、姿を見せる時間は長かったが餌取のサービスが少なく、上流へ下流への移動が多くカメラマンは今日も振り回された。

Z6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲで行ったが、止まりものの画像は◎だが飛びものがアカンかった。
AFの食いつきが多少遅く追従ももう一つ、ファームアップでダイナミックのエリアを変更できるようにして欲しい。動体に対するAFは一眼レフより劣る。ファインダーが一眼レフのOVFに比べ見難く、飛翔の途中で見逃すことが多かった。ファインダーのバックの画像が流れる(EVFのレスポンスが遅いのか?)、連写時のファインダー内の動きにまだなじめていない。ファインダーに関しては慣れるしかない。動体を追う時の操作性は、V3より良いが一眼レフには追い付いていない。止まりもの撮影に関しては何ら問題は無い。
以上は、これまでのカワセミ撮影3回での感想で、今日のf8開放のレンズならどちらが良いか分からないが、飛びものの歩留まりは悪かった。開放f8レンズは、一眼レフで使ったことはあるがあまり使わない。

次のオオワシ、天気が悪そうならこの組み合わせの手持ち、天気が良ければロクヨンで行くつもり。

尚、途中で一度電池交換したが残量14%で1,030枚ぐらい撮れていた。撮り方によると思うが、予備電池2本持っていけば終日撮影できるだろう。

  
カワセミ止まりもの
19120401

19120402

19120403

19120404

19120405

カワセミ水際に飛翔
撮れる時は撮れるので、きっちり追う練習をすれば撮れるのかも知れないが、動体に対するファインダーの見辛さが問題。
19120406

19120407

19120408

19120409

19120410

19120411

19120412

19120413

19120414

19120415

19120417


コガモ
19120418

19120419

19120420


アオバト
近距離からかなり撮ったので、整理してから掲載
19120421

<撮影仲間がα9ならカメラが追ってくれると言っていたが(ソニの担当者の説明からそう思ったらしい・・・)、D5と1DXⅡを処分して購入し実撮影の感想を聞かせて欲しいな~。自分の場合はニコンしかもっていないので、D5を処分しても追いつかない。>


撮影機材:Z6、500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ、手持撮影 撮影枚数:823枚
移動:行きは地下鉄、帰り歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:220円

|

« 月相手にZ6とD5の画像比較 | トップページ | 月相手にZ6とD850の比較 »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月相手にZ6とD5の画像比較 | トップページ | 月相手にZ6とD850の比較 »