« 昨日のオオワシ 山の斜面止まりもの | トップページ | オオワシ2019-20ⅩⅥ 3度飛んで飛翔だけは撮れた »

2019年12月27日 (金)

カワセミ Z6と500㎜f5.6で小雨の中撮影する

 Z6と500㎜f5.6、カワセミではAFが遅く駄目と判断しているが、慣れで何とかならないかと持ち出した。オオワシとカワセミの飛翔スピードはオオワシの方が速いが、ファインダーで見ているとカワセミは小さく距離も近いので、カメラを振る角度が広く追い難い。AFの速い一眼レフを使えばよいだけの話だが、シーズンものを除けば普段はカワセミ撮影なので、何とかZ6を使いこなさなけれならない。
遅めに下流ポイントに行ったがカメラマンは一人、カワセミはスタンバイ状態だったが、カメラの設定が家の中での検証撮影のままでAF-Cシングルになっていたため上手く撮れず。AF-Cダイナミックに変えようと思ったが、使いこなせていないので変えるのに時間がかかった。カワセミは上流に飛び去ったので追いかけ中流ポイントで発見、同じ個体かどうか分からなかったが撮影開始。雨が降ってきたがそのまま続行、雨足が強くなり上着がかなり濡れてきたので ”こりゃかなわん” でグランド横の屋根のあるスペースに一時避難、雨が小降りになったのでカワセミの居る場所に戻ったが、しばらくして再び降り出し戻って雨宿り。雨がショボツク程度になり青空も広がってきたので川に戻ったが姿無し、帰ろと思い歩くと久しぶりに畑前の土手の肩にいた。2度飛び込み2度目で小さな魚を捕って下流へ飛び去る。再びグランド前に戻ったが姿無しで引き上げた。

 
掲載画像は全てトリミングで1200pixel等倍に拡大
フルサイズの約4.9倍だが画像は対岸でも十分、こちら側なら大きくなりすぎる。テレコン無しの500㎜でも十分撮れるのが分かったのが今日の成果。

19122701

19122702

ホバは10枚ほど連写したがピントOKは1枚、他は全てバックにピントを取られる。
19122703

19122704

19122705

19122706

19122707

19122708

19122710

19122711

19122712

19122713

19122714

19122715

19122716

19122717

19122718_20191227160701

 

カルガモ
嘴に釣り針が引っ掛かっている。爺さんが時々釣りをしているのを見るが、何かにかかって無理やり引っ張り切ったようだがカモにとってはは迷惑な話。
19122719_20191227161001

ムクドリの群れ
青空バックなら直ぐにピントが合う。
19122720

  
撮影機材:Z6、500Mmf5.6Pf、手持撮影  撮影枚数:310枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:曇り一時雨
撮影経費:220円

|

« 昨日のオオワシ 山の斜面止まりもの | トップページ | オオワシ2019-20ⅩⅥ 3度飛んで飛翔だけは撮れた »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日のオオワシ 山の斜面止まりもの | トップページ | オオワシ2019-20ⅩⅥ 3度飛んで飛翔だけは撮れた »