« けったいな鳥 | トップページ | カワセミ Z6と500㎜f5.6で小雨の中撮影する »

2019年12月26日 (木)

昨日のオオワシ 山の斜面止まりもの

 オオワシの山の斜面止まりものは、どの機材を使っても満足できる画像が得られない。大砲使用であろうが手持ちであろうが、周りの枝が煩わしく特に天気の良い日は、枝の影がオオワシに入り画像が台無しになる。周囲が抜けていれば多少良い画像が撮れるので、手持で良い場所を探して歩くことが多いが、昨日は良い場所が見つからなかった。トリミングで極力大きく拡大し、ゴジャゴジャしたところをカットするにしても限度があり、飛び出しと飛翔狙いでボケッと粘ることになる。

昨日は、帰った後の3時前に飛び魚を捕ってきたようだが、これからも機会はあるだろう。
  

昨日の止まりもの画像、暇だったのでかなりシャッターを押したが日差しが強くボケ画像が多かった。
画像は全てトリミングで1200pixel等倍に拡大、等倍拡大ならやはりZ6+TC14Ⅲの方が良いように思う。

前の道路に行き見える場所を探した
01dsc_7916

02dsc_7988 

飛び出し狙いで待った場所から
03dsc_8009

04dsc_8053tobai

05dsc_8063tobai

少し南の田んぼの畦道からは抜けはマシ、長居は出来ずで直ぐに戻る。
06dsc_8098

センターに戻る途中から
07dsc_8117

センター駐車場近くから、大気はすっきりしていたので3時前の飛び出しは奇麗に撮れただろう。何処から帰ってきたのか知らないが、3時前なら漁港方面でも少し日差しは悪かったかな?
08dsc_8235



オマケでセンター前で撮った飛翔の1200pixel等倍画像を2枚
口の横の白い筋は何かな?
09dsc_7831

飛びものはAFの良さで歩留まりも含めると、TC無しということもありISO320の感度ならD500かな・・・?    
10dsc_7839

|

« けったいな鳥 | トップページ | カワセミ Z6と500㎜f5.6で小雨の中撮影する »

オオワシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« けったいな鳥 | トップページ | カワセミ Z6と500㎜f5.6で小雨の中撮影する »