« 紅葉の名残を求めてZ6と24-70㎜f4で3ヵ所巡り | トップページ | 昨日のオオワシ画像 止まりもの »

2019年12月 7日 (土)

オオワシ2019-20Ⅵ Z6と500㎜f5.6+TC14Ⅲで飛翔を撮る

 オオワシに行った。
Z6チェックの最終、猛禽相手の手持ち飛翔撮影ということで、500㎜f5.6+TC14Ⅲ手持ちで撮影した。結果は良好でセンター沖から山に帰るところを断続的な連写で166枚撮ったが、ピントは自己基準で80%ぐらいOKだった。遠すぎてこの確率、曇り空でバックの大半が空や湖面で条件は良かったこともあるが所有一眼レフと大差ないようである。カワセミの水際を追うのは瞬間狙いなので難しいが、時間的に余裕のある猛禽では大丈夫とホッとした。ハヤブサも飛んだが普通に撮れた。今日はISO800~1600での撮影。
尚、電池の消耗は、使い込んでいるEL-EN15で667枚の電池残量38%、EN-EL15bならもう少し持つかな。オートオフは30秒に設定した。

  
着いて直ぐ挨拶代わりに1枚 ノートリ
19120701

以下の画像はトリミングで1200pixel等倍に拡大

19120702

飛び出しは電話の最中で撮れず。
19120703

南に飛び
19120704

19120705

19120707

何処まで行くのかと思っていたら方向転換
19120708 

一旦戻り
飛び出して直ぐにカモメが追いかけついて飛んでいた
19120709

直ぐに山方面に方向転換
19120710

19120711

19120712


岸に近づいてきたが立っていた場所が歩く距離があった。この後野鳥センター近くを飛び山に戻る。
19120713

19120714

19120715

19120716

19120717

19120718

19120719

19120720

19120721

19120722

19120723

山の麓での撮影
9時45分頃から2時過ぎまで飛ばずで諦めた。
19120724 

野鳥センター駐車場から撮ったノートリ画像
19120725

1200pixel等倍画像だが、ISO3200では・・・・
19120726

オマケでハヤブサ幼鳥の1200pixel等倍画像
猛スピードで飛ぶ時は分からないが、普通の少し速いていどの飛翔では問題ない。他の猛禽もAFに関しては問題無く撮影できるだろう。
19120727

500㎜f5.6にTC使用で開放f8のレンズ、D850よりZ6の方が良いように思う。ミラレースだからではなく新しい機種で改良されているのだろう。


撮影機材:Z6、500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ、手持撮影  撮影枚数:667枚
移動:車、歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

|

« 紅葉の名残を求めてZ6と24-70㎜f4で3ヵ所巡り | トップページ | 昨日のオオワシ画像 止まりもの »

オオワシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紅葉の名残を求めてZ6と24-70㎜f4で3ヵ所巡り | トップページ | 昨日のオオワシ画像 止まりもの »