« 撮影休み | トップページ | Z6と24-70mmf4の実写 置物相手にISO100~51200の2段増感まで撮ってみた »

2019年12月 2日 (月)

Z6連写、ブラックアウトフリーでなかったのか・・・?

 昨日、量販店でZ50の話を聞いた時、高速連写拡張で連写するとZ6同様ブラックアウトが見えなかったので、ブラックアウトフリーかと聞いたら違うとの話。撮影された画像が撮れた後に表示されるため、一瞬黒くならず連続して見えるだけとのことだった。Z6も同様なのか、ならばファインダーの連写時の動きに違和感を感じるのが理解できる。高速で飛ぶ鳥の撮影時、撮れた画像の歩留まり評価には考慮する必要があると思うが、鳥の動きに合わせてカメラを振っているので、黒くチラつくよりはマシで問題無いだろう、慣れるしかない。
詳しくは聞かなかったので、メーカーにZ6も同様か確認と思うが聞いてもどうしようもない、D5、D500の清掃でサービスセンターに行った時に聞いてみよう。初めて取説を見たが面倒で直ぐに止めた。

  

500㎜f5.6PFにTC17Ⅱを装着し、開放f値9.5の850㎜で置物相手の画像を再確認した。
一眼レフでも使えるが比較撮影は行わなかった。Z6は一眼レフ以上に問題無く十分使えそう。SSを遅くしてもそこそこ撮影出来るのは、ミラーレスの長所の一つ、最近あまり撮影していないが暗い森の中の鳥の止まりもの撮影に良いだろう。AFは少し遅くなるが迷うことは無かった。

ISO3200、f11、SS1/30
1.3倍の拡大
13

3倍に拡大
850㎜手持ちのSS1/30でここまで撮れれば申し分ない。
30_20191202055701 


履いていた靴下を離れた場所に置き撮影してみた。
SS1/8、このシャッター速度で850mm手持ちで撮れるとは思わなかった。
300 

|

« 撮影休み | トップページ | Z6と24-70mmf4の実写 置物相手にISO100~51200の2段増感まで撮ってみた »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み | トップページ | Z6と24-70mmf4の実写 置物相手にISO100~51200の2段増感まで撮ってみた »