« カワセミ 500mmf5.6装着でD850をチェック | トップページ | オオワシⅩⅩⅡ 9時半頃から3時前まで湖岸で待ったが漁見られず »

2020年1月19日 (日)

オオワシ連写撮影記録(1/3) D5とロクヨン+TC14Ⅲによる

 今日は所用で撮影休み

ちょうど2年前の2018年1月19日の撮影、ニコン機の最高峰D5ならオオワシなどの猛禽を連写で追える。連写といってもピントが外れシャッター押し直したり、シャッタが切れる速度が遅くなりバッファ回復の一呼吸もある。
D500、D850でも慎重に機材を振れば大丈夫だろう。ただし、撮影条件が良ければの話で運次第、普通はD5より条件が悪ければピントが合わなかったり画像が汚かったりが多い。D850の画像は、D5より優れていると聞くが、両機を長期間使用した経験からD5が上と思う。ただ、D850はトリミングでD5ではTCを使用しないと得られない大きさの画像が得られ、TCを使用しないので感度を押さえられるメリットはあるが、明るければ関係無い。D500は、多少画質が劣るように思うが気のせいかも知れない。Z6の画質は、等倍に拡大するとD5より良いかもと思う時が時々ある・・・同時にシャッターを押したことが無いので断定は出来ない。

湖岸道路のT字路奥の山の斜面にオオワシが止まり、漁港の沖方面に向かって飛んできた。立っていた場所近くで旋回し直ぐ近く(100mも無かったと思う)で死んで浮いていた魚を拾い、漁港方面にしばらく飛んで方向転換で山に向かって飛び去る。帰りは頭上近くを飛んだが、左側を飛ば逆光になったのが残念だった。
飛び出し直後から撮ったが最初は断続的にシャッターを押し、かなり近づいたところで完全連写に変えた。旋回後の降下でピントが外れ水面近くでピントを拾い直し、その後も一呼吸置いたが直ぐに連写で撮った画像は全て追えていた。飛びだしてから漁港方面に飛んでいくまで157連写、ピントが合わずシャッターが切れなかったのはあるが、外れは見ていて分かったのでシャッターを押さず、ボケボケは無かったと思う? 遠い画像の抜き取りや同じ画像が続く、顔が羽で完全に隠れた画像は削除し103枚が残っている。


全画像103枚を記録として掲載、最後の方の大きい画像に合わせトリミングで2倍に拡大。一部近くで体を傾け旋回したのはノートリ。WBを晴天に変えたのと露出をー0.3に補正した以外は修正無し。
四隅に露光落ちが見られるのがノートリ、絞り解放では出るようだ。少し絞れば無くなると聞いているが、鳥撮影では必ずトリミングするので気にしていない。

01dsc_1491_20200118193101 02dsc_1493 03dsc_1497 04dsc_1500 05dsc_1502 06dsc_1507 07dsc_1509 08dsc_1510 09dsc_1511 10dsc_1513 11dsc_1516 12dsc_1518 13dsc_1519 14dsc_1520 15dsc_1522 16dsc_1525 17dsc_1526 18dsc_1527 19dsc_1528 20dsc_1530 21dsc_1531 22dsc_1532 23dsc_1533 24dsc_1536 25dsc_1538 26dsc_1540 27dsc_1543 28dsc_1545 29dsc_1548 30dsc_1549 31dsc_1550 32dsc_1551 33dsc_1552 34dsc_1553 35dsc_1554 36dsc_1556 37dsc_1558 38dsc_1560 39dsc_1562 40dsc_1564 41dsc_1565 42dsc_1567 43dsc_1568 44dsc_1571 45dsc_1572 46dsc_1573 47dsc_1574 48dsc_1575 49dsc_1576 50dsc_1577 51dsc_1579 52dsc_1581 53dsc_1583 54dsc_1584 55dsc_1586 56dsc_1587 57dsc_1588 58dsc_1589 59dsc_1590 60dsc_1591 61dsc_1592 62dsc_1593 63dsc_1598 64dsc_1599 65dsc_1600 66dsc_1601 67dsc_1602 68dsc_1603 69dsc_1604 70dsc_1605 71dsc_1611 72dsc_1612 73dsc_1613 74dsc_1614 75dsc_1615 76dsc_1616 77dsc_1617 78dsc_1618 79dsc_1619 80dsc_1620 81dsc_1621 82dsc_1624 83dsc_1625 84dsc_1626 85dsc_1627 86dsc_1628 87dsc_1629 88dsc_1630 89dsc_1631 90dsc_1632 91dsc_1633 92dsc_1634 93dsc_1635 94dsc_1636 95dsc_1637 96dsc_1638 97dsc_1639 98dsc_1640
97dsc_1642
99dsc_1643 100dsc_1644 101dsc_1645 102dsc_1647 103dsc_1648


余談だが、D6がその内発売されるが写りにAFがどう進化するのか、進化したとしても画素数が変わらない限り、画像を見るということに関してはD5と大した違いがないのではないかいな。画素数が変わればトリミングで更に大きく出来る、フィルムカメラのF5からF6のようにボディーが小さくなり軽くなることも期待していたので残念。
大きさに関してはミラーレスZシリーズのファインダーが更に見やすくなり(完全に遅れが無くなる?)、AFが現状の一眼並みになることを期待するしかないか。AFは、新しくなれば一眼レフであろうがミラーレスであろうが進化すると、カメラ内部についてのシロウトは考える。ホンマに分かっているのは、開発に従事しているメーカーの技術陣ぐらいだろう。

|

« カワセミ 500mmf5.6装着でD850をチェック | トップページ | オオワシⅩⅩⅡ 9時半頃から3時前まで湖岸で待ったが漁見られず »

オオワシ連写記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 500mmf5.6装着でD850をチェック | トップページ | オオワシⅩⅩⅡ 9時半頃から3時前まで湖岸で待ったが漁見られず »