« オオワシ連写撮影記録(1/3) D5とロクヨン+TC14Ⅲによる | トップページ | オオワシ 湖岸から山の麓の飛翔を手持ちで撮る(昨日の残り画像) »

2020年1月20日 (月)

オオワシⅩⅩⅡ 9時半頃から3時前まで湖岸で待ったが漁見られず

 9時過ぎにセンター駐車場に到着、最初にセンターに入り野鳥写真コンテストの応募用紙を貰い、クロサギが居てるとのことで撮りに行った。これが今日の失敗だった。漁港横の防波堤に居るとのことで行ったが飛び去った後で、旅館の後ろから漁港にミコアイサが居ないか見ていると、取水塔にオオワシが止まっていた。数枚撮ってから漁港に向かったが、港内に入った時には山に向かって飛んだ後だった。居た人に聞いたら獲物を落としたとのことで、ならばもう一度飛んで捕るだろうと期待していつもの場所で待つ。まだかまだかと思っていたら、12時頃に飛んだのでやっとかと思ったが何回か旋回して再び木に止まった。それから2度ぐらい飛んで、2時15分過ぎぐらいには山沿いに北へどんどん飛んだが、結局降下せず引き返し集落奥の山の斜面の木に止まりよった。時間切れ、麓に行って止まりものを撮って引き上げた。
湖岸での撮影は場所の選定が難しい、集落前なら飛翔ぐらいは大きく撮れただろう。何処で降下するか分からない、同じ場所で待てばその内撮れる範囲で降下してくれると期待している。以前は、降下した場所を見てその場所近くに行ったりしたが、逆を突かれたことが何度かあったので場所を2ヵ所に固定している。
コハクチョウ、ミサゴ、その他水鳥をかなり撮ったので撮影枚数は増えた。機材はD500と500㎜f5.6の手持ち撮影、風が強くオオワシの飛ぶ速度が遅かったので、追い続けるのがしんどかった~(肩が痛い)。


画像はトリミング4倍に拡大(3000mm相当)

10分早ければ良い画像が撮れただろう。
20012001

20012002

20012003

20012004

ミサゴがオオワシめがけて急降下
20012005

山枯れ木のオオワシ
麓なら絶好の飛び出し狙いのポイントだったのではないか
20012006

2度ほど木移りしたが、湖岸からでもカメラ越しなら飛び出しが見えた。
20012007

20012008

山沿いにどんどん飛んだので、何処でもよいから降下してくれと思ったが思い通じず。
20012009

20012010

20012011

20012012

20012013

20012014

20012015

20012016

山の麓からの撮影
20012017

20012018

20012019 

撮影機材:D500、500mmf5.6、手持撮影  撮影枚数:721枚
移動:車、歩き  天気:曇り後時々晴
撮影経費:0円

|

« オオワシ連写撮影記録(1/3) D5とロクヨン+TC14Ⅲによる | トップページ | オオワシ 湖岸から山の麓の飛翔を手持ちで撮る(昨日の残り画像) »

オオワシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ連写撮影記録(1/3) D5とロクヨン+TC14Ⅲによる | トップページ | オオワシ 湖岸から山の麓の飛翔を手持ちで撮る(昨日の残り画像) »