« オオワシ2019-20ⅩⅩⅨ(2/2) D850と600㎜f4での撮影 | トップページ | オオワシ2019-20ⅩⅩⅩ 漁の瞬間、遠すぎて見失った »

2020年2月13日 (木)

ザゼンソウ

 D6が発表されたがAFの改善が目玉かな。プロ仕様というが財力のあるアマチュアが喜びそうな機種に思う。シャッターを押せばカメラが奇麗に撮ってくれる、センスを除けばプロとマチュアの差が更に近づくようだ。サンプル画像を見てもD5の時のような凄さを感じず。
1DXⅢぐらいの価格なら80万、アマチュアにとっては画像を見て満足するというより、触って写真を撮って自己満足するカメラのようだ。大きすぎる、重すぎる、高過ぎる、鳥撮りにとってはAFの進化だけならα9Ⅱの方が良いのかな、D6の購入費用でα9Ⅱと200-600㎜を買える。画像はD5でも十分綺麗、それ以上に綺麗になっても真価を発揮するのは高額レンズしか無いのではないかいな。価格据え置き、小型化、オオワシなどの猛禽相手にTC無しでロクヨンを使える程度の高画素化をして欲しかった。もっともスペックの噂が出た時にアカンで、既にD5とD500を残しミラーレスを2台買ってしまった。

  
2月3日のオオワシ帰りにコンデジS9900で撮影したザゼンソウ、今年は早かったようで満開だったように思う。

01dscn1064 02dscn1076 03dscn1084 04dscn1085 05dscn1086 06dscn1087 07dscn1088


オマケでマキノのメタセコイアの並木道
Dscn1061

|

« オオワシ2019-20ⅩⅩⅨ(2/2) D850と600㎜f4での撮影 | トップページ | オオワシ2019-20ⅩⅩⅩ 漁の瞬間、遠すぎて見失った »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2019-20ⅩⅩⅨ(2/2) D850と600㎜f4での撮影 | トップページ | オオワシ2019-20ⅩⅩⅩ 漁の瞬間、遠すぎて見失った »