« オオワシ2019-20ⅩⅩⅩ 漁の瞬間、遠すぎて見失った | トップページ | レンジャク »

2020年2月14日 (金)

昨日のオオワシ Z50とTa18-400㎜

 朝にコハクチョウの集団飛行を撮ろうと18-400㎜を持って行ったが、着いた時にはどんよりした曇り空だったので止めてオオワシに直行した。コハクチョウの空抜け飛翔は青空でないとパッとしない。このレンズは一眼レフでもフォーカスが遅く、曇り空だったこともありZ50ではピントが合うまでに3秒ぐらいかかった。電源を入れていきなり空抜けを撮ろうとすると全くAFが動作せず、山などでピントを合わせてからオオワシに向けないとファインダーでオオワシを探せない。一眼レフでも同様だが多少はましである。

麓に着くとオオワシの姿見えずで居た人に聞くと、茂みの中に隠れているとのことで直ぐに麓道路から湖岸に向かった。麓を歩き始めるといきなりオオワシが飛んだのでカメラを向けたが空抜けになるまで撮れず。

10枚ほど撮ったが修正で見られるのは4枚程度だった。
01dsc_18623bai 

以前に一眼レフで晴れの日に飛翔を撮っているので条件が良ければB~C級画像なら撮れる。
02dsc_18673bai

一番近い距離で撮った止まりもの トリミング3倍に拡大
03dsc_18863bai

1200pixel等倍に拡大
甘い画像だがズームレンズのT端はこんなものだろう。以前使用していた80-400㎜も400㎜では多少甘い時があった。シグマの150-600㎜は、三脚使用でも450~500㎜ぐらいがシャキッと撮れる限度だった。
04dsc_1884tobai

オオワシが山の斜面に戻った後、湖岸道路から撮れば1200pixel等倍拡大でこの程度。
05dsc_1929tobai

琵琶湖に飛んでくるところは狙わなかった。

 

高倍率ズームをチェックした
W端27㎜
06dsc_1909w 

T端600㎜
07dsc_1910t

1200Pixel等倍に拡大して約2730㎜相当
08dsc_1910ttobai 

麓でのチェック
W端27㎜
09dsc_1858w

T端600㎜
10dsc_1856t

1200pixel等倍に拡大して2730㎜相当
このレンズで等倍拡大は画像がかなり落ちる。  
11dsc_1856ttobai


27㎜で風景を撮影、もう少し明るければ良かったのだが
12dsc_1935

13dsc_1914

14dsc_1938_1

|

« オオワシ2019-20ⅩⅩⅩ 漁の瞬間、遠すぎて見失った | トップページ | レンジャク »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2019-20ⅩⅩⅩ 漁の瞬間、遠すぎて見失った | トップページ | レンジャク »