« Z50とTa18-400mmのW端画像 | トップページ | 昨日のオオワシはやはり飛び込んでいた »

2020年2月 9日 (日)

オオワシ2019-20ⅩⅩⅧ Z50と500mmf5.6での手持撮影

 オオワシ撮影は、人が多いので休日を避けたいが、天気予報を見ていると行ける日に行かねばならいと、日曜だが行くことにした。
朝起きて外を見ると薄っすらと雪化粧、湖北は大丈夫かなと思いながら湖西道路を走ったが、真野の手前あたりから雪が少し積もっており、路肩に車を止めてタイヤチェーンを装着している人を10人ぐらい見かけ心配になる。タイヤは、オールシーズンタイヤなので多少の雪なら大丈夫だが、途中で危険と思えば引き返せば良いでとにかく走らせる。北に行けば益々雪が多くなると思っていたが、湖西道路の終点辺りで雪が少なくなり、今津に入ると全く問題無かった。以後の国道は、凍結防止で散水されており全く問題無し、湖北の道路も全く問題無しだった。

Z50と500mmf5.6手持ち撮影のオオワシでの実践
麓と湖岸、昼食がてらに沼横の東屋から撮ったが、止まりものと空抜け飛翔は撮れ期待以上の画像だったが、山の斜面バックの飛翔は全滅、ここ数年の撮影では初めてである。AF-Cダイナミックで撮影したが、AF-Cシングルで何回もシャッターを押し直した方が良かったようだ。Z50のAF-Cダイナミックは、D500より悪いのは分かっていたが、Z6と比べても劣るようだ。
オオワシでは、このカメラだけで来るのは無理のようだ。

野鳥センターの駐車場に車を止め、野鳥写真コンテストのオオワシ画像2枚をセンターに出してから歩きで麓に行った。

  
●湖岸での撮影
道路を走っている時に、大勢のカメラマンが石川の山の斜面にレンズを向けていたので止まっているのが分かったが、魚持ち帰り狙いで麓に行った。一度木移りで居た場所から見えず湖岸に移動。直ぐに飛び沖で何度か水面近くを旋回したが、獲物撮れずで山に引き上げよった。

行きと遠くはの湖面上は、1枚を除き全て1200pixel等倍
湖岸に出る前に止まりものを撮影、最も近い距離
20020901

湖岸に着いて直ぐに飛んだ
20020902

20020903

20020904

旋回して降下、遠すぎる。 ノートリ画像
20020905

足を出して
20020906

20020907 

水面をなでて魚を掴むと思ったが、ミサゴのように飛び込んだのかな?
20020908

省略したが3枚羽だけが見える画像があった。手前の波が高かったのか飛び込んだかは遠すぎて分からず。
20020909

20020910

20020911

ここで飛びだしたように見える。
20020912

20020913

20020914

20020915

何度か旋回した後、山に向かって方向転換
20020916

20020917

ここからトリミング3倍の拡大
20020918

20020919

20020920

20020921

20020922jpg

20020923 

頭上近く通過のピントが合った最後の1枚、この後4枚ほど撮っているがピントを外した。
この画像は1200Pixel等倍
20020924


●麓に戻っての撮影
麓の道路側から見えやすい場所に止まっていた。
1200pixel等倍
20020925

飛びだす直前
飛び出しから山の斜面沿って飛び、石川の背後の斜面に隠れるまで連写したが、全てピンボケでショック!
20020926


●沼横の東屋からの撮影
吹雪いてきたので昼食を食べて帰ろうと沼横の東屋に行った。オオワシの姿が見えたが、見えるベンチは濡れていたので奥の見えないベンチに腰かけおにぎりを食べた。食べ終えて帰ろうと思い、何気なく山本山斜面を見ると吹雪の中をオオワシがカラスに追われ飛んでいた。
ノートリ画像
20020927

1200pixel等倍画像
魚を掴んでおり、ヤレヤレで引き上げた。
20020928

20020929

20020930 20020931



撮影機材:Z50、500mmf5.6、手持撮影  撮影枚数:377枚
移動:車  天気:曇り時々晴に雪
撮影経費:0円

|

« Z50とTa18-400mmのW端画像 | トップページ | 昨日のオオワシはやはり飛び込んでいた »

オオワシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z50とTa18-400mmのW端画像 | トップページ | 昨日のオオワシはやはり飛び込んでいた »