« オオワシ2019-20ⅩⅩⅧ Z50と500mmf5.6での手持撮影 | トップページ | 撮影休み  Z50を使っての感想 »

2020年2月10日 (月)

昨日のオオワシはやはり飛び込んでいた

 昨日の水際、ボケ画像ながら全てをチェックし、ミサゴのように飛び込んでいたと水際のショット数から結論付けた。普通は10コマ/秒で撮っても、足を突き出し水に突っ込み跳ね上げるの3コマしか撮れない。狙いを定めた魚が完全に掴む前に逃げ、執念でそのまま突っ込んだのかな?
こちらは風と機材の重さで揺れるのを堪えながら執念で追い続けた、三脚使用ならもう少しマシに撮れただろう。

01dsc_1269

ターゲット・ロックオン
02dsc_1270_20200209210601

足を突っ込み
03dsc_1271_20200209210601

飛び込んだ瞬間
水しぶきが上がっていないが、ソフトに着水したのだろう・・・と思う。
昨日は水面近くでのホバもどきも見られた。
04dsc_1272_20200209210601

05dsc_1273

06dsc_1274

07dsc_1275

08dsc_1276

09dsc_1277

飛び出しはミサゴに同じ
10dsc_1278

11dsc_1279

12dsc_1280

13dsc_1281

14dsc_1282

15dsc_1283

16dsc_1284

17dsc_1285

18dsc_1286

|

« オオワシ2019-20ⅩⅩⅧ Z50と500mmf5.6での手持撮影 | トップページ | 撮影休み  Z50を使っての感想 »

オオワシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2019-20ⅩⅩⅧ Z50と500mmf5.6での手持撮影 | トップページ | 撮影休み  Z50を使っての感想 »