« 撮影休み  2019年のチュウヒ撮影を振り返る | トップページ | 桜2020Ⅲ 山科疎水、毘沙門堂、勧修寺、他地元ブラブラ »

2020年3月29日 (日)

撮影休み チュウヒ止まりもの過去の画像

 朝は鬱陶しい天気だったが、10時頃に外を見ると青空が見えていた。撮影に出ようかと外に出てみたが風が冷たく、新型コロナがえらいことになってきたこともあり自宅待機で止める。京都は東京や大阪ほどの患者数になっていないが、山科にも軽度の感染者やウイルス保菌者が居てもおかしくない。年金暮らし、人の多い場所に行く必要はなくほとんど行っていないが、電車に乗る時や買い物に出る時はマスクをしている。マスクは感染する方には関係ないそうだが、花粉症によるクシャミや空気の淀んだ場所で咳が出ることもあるので人目を気にしている。
撮影は、人の多い場所を避けるのでマスクはしていない。大阪城のヤツガシラには行きたかったが、途中の電車やカメラマンの多さが気になり行かなかった。桜も地元で歩いて行ける場所に留めるか行かないことにする。

することも無いのでチュウヒの止まりもの過去画像を調べてみた。
通算で200回以上撮影に行っているので、大よその行動パターンは分かっているつもり。しかし、1日2~4時間長くて5時間ぐらいしか粘っていないので、分からないこともある。これまでの繁殖が順調な年は、4月の後半から中央の前の木に良く止まった。撮影した時間は6~8時頃の早朝が多く、9時を過ぎると晴れの日なら陽炎でまともに撮れずだった。止まりものは、少し時間が遅く行った時など、止まっている場所に急いで行くと直ぐ飛ぶことが多く(先に人が居れば別)、立っている時には平気で前に止まりよる。同じ距離だがこの違いは何なのか、先にチュウヒがこちらを認識していれば平気で止まり、急に姿を見ると驚いて逃げるのか・・・いまだに分からず。カワセミでも同様のことがある。

適当に画像を選んで掲載、どの画像もトリミングで大きく拡大している。

止まっている枝、今も残っているのかどうか?
01160426

この場所は枝被りが大半、時々全身が見えることもあった。
02160524mesu

03160527

ペリットを吐こうとしたのかアクビか? 連写を見ているとアクビのように見えたが、アクビをするのかな?
04160527mesu

後ろの田んぼの木に止まる。歩いている時に撮ったが、最短距離に近づく前に飛びよった。
05160602

畔に下りたところを湖岸の遊歩道から撮影、遠すぎる。
06160614

駐車場から撮影ポイントに行く途中の撮影、距離が近く振り返ると直ぐに飛びよる。手持ちで素早く撮らないと撮れない。
07160617

茂みの中、この年はこの下から巣材の枯れ枝を運ぶことが多かった。
08160618

エサ渡しの後、この態勢で巣の方を見ていることが多かった。
09170509

田んぼに休憩で下りる。一旦下りると休憩時間が長いことも多かった。比較的近い場所だが遠すぎてまともに撮れないことの方が多かった。
10170515

敵登場で緊急発進前
11170517

東の端からの撮影、こちらの方がよく見えるが距離が遠すぎる(200m?)。
12170524

131705241 

東からの撮影だが遠すぎる。多分、東の端か対岸からしか見えないと思う。
14170602

琵琶湖の杭に止まる。この年は♀がよく止まった。
15170602-2

これ場所は距離が近く、こちらの姿が見えると直ぐに飛ぶので慎重に近づいての撮影。この年は、この場所の葦が抉り捉えていたので撮れたが、今は葦に隠れていたと思う。
16180426

以下1200Pixel等倍画像
東の端で構えていたが、田んぼに下りたのでロクヨン手持ちで撮りに行った。近づいてこちらを見ると直ぐに移動するので、一か八かの撮影だった。飛んでも少し離れた場所に移動してこちらの様子を伺いよったが、何回か繰り返すと当然のことだが飛び去った。
17180412

18180502

191805022


昨年の2月の撮影、この時期はあまり前に止まるの見ておらず、この場所に止まるのも初めて見たが、この時期行く回数が少ないからだと思う。
♂が旋回していたので狙っていたら止まりよった。2,3回発着を繰り返し最後は1時間ほど動かず。20190227

 

夕方追記
写真整理をしていたが、今年も2度止まりものを撮っているので追加。日が高く日差しが強くなってからの撮影で画像はボケボケ。
21dsc_5898_1

22dsc_5796

|

« 撮影休み  2019年のチュウヒ撮影を振り返る | トップページ | 桜2020Ⅲ 山科疎水、毘沙門堂、勧修寺、他地元ブラブラ »

チュウヒ撮影記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み  2019年のチュウヒ撮影を振り返る | トップページ | 桜2020Ⅲ 山科疎水、毘沙門堂、勧修寺、他地元ブラブラ »