« 野鳥アルバム | トップページ | チュウヒ2020Ⅲ 風が冷たく寒くて1時間で退散 »

2020年3月17日 (火)

鳥画像の構図

 写真の構図には日の丸構図、三分割法、四分割法他がある。自分の場合は、風景ならファインダーを見ながら構図を考えフォーカスポイントをずらすこともあるが、鳥の場合はほとんど鳥をセンターに捉えてシャッターを押す。飛翔撮影なら連写するので、歩留まりを上げるため確実にセンターに捉えるように撮影し、後で全体のバランスを考えてトリミング切り取る場所を考える。好みから鳥を極力大きくして日の丸構図にする場合がほとんどである。自己満足の撮影、人夫々でどれが良いというのは無いだろう。
撮影の幅を広げるため、鳥を入れた風景などで三分割法を考えた方が良いかなと思うが、今のところ鳥そのものの撮影に四苦八苦している。


オオワシの飛翔で見比べてみた。

ノートリ画像
01dsc_0126_01_1

日の丸構図
02dsc_0126_01_3 

三分割法(三分割法そのものを良く知らない)
前の空間を少し広くした。左側のバックが抜けているから、これはこれで良いかな。
03dsc_0126_01_4

自分の好み
拡大を大きくして日の丸構図に近づける。鳥の画像は、姿や形も大事だが極力大きくして顔の表情が少しでも分かり、煩わしいものが極力入らないのが良い。飛ぶ方向を考えた場所取りが必要だが、どちらに飛びだすか分かず鳥任せ。
4dsc_0126_02_1




日の丸構図しかないと思う画像

ノートリ
飛び出し直後でセンターに捉えらえなかったがAFエリア内に何処かが収まり何とかなったのだろう。5dsc_8825_1

トリミングによる拡大は日の丸構図
オオワシの迫力を見るにはこれしかない。
6dsc_8825_2 

極力拡大してバックのゴジャゴジャした枝を排除したが、画面いっぱいのオオワシももう一つ。
7dsc_8825_01_1

|

« 野鳥アルバム | トップページ | チュウヒ2020Ⅲ 風が冷たく寒くて1時間で退散 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野鳥アルバム | トップページ | チュウヒ2020Ⅲ 風が冷たく寒くて1時間で退散 »