« チョウゲンボウ2020Ⅴ またしても交尾 | トップページ | イワツバメ相手に腕を磨く? »

2020年4月30日 (木)

Z50と500㎜f5.6手持ち、ISOを変えて月を撮る

昨日の夜の撮影

モードA、f11、スポット測光、AF-Cダイナミック(シングルでは手振れでピンズレが多くボケることが多い:経験談)

掲載画像はトリミングで3倍に拡大、アンシャープマスク処理をしている。

ISO100、SS1/25
SSが遅すぎて手振れでのブレブレの画像が多く、マシなのを1枚選んだ。
Iso100dsc_6326

ISO200、SS1/50
歩留まりはISO100より多少マシだった。
Iso200dsc_6328

ISO400、SS1/100
安定して撮れたが、まだ手振れの影響が残っているかな?
Iso400dsc_6331

ISO800、SS1/160
手振れは大丈夫やろう。
Iso800dsc_6332

ISO1600、SS1/400
Iso1600dsc_6335

ISO3200、SS1/800
ベタ感が少し出ているが、自己基準ではこの辺りまではまあ良いだろう。
Iso3200dsc_6337

ISO6400、SS1/1600
ベタ感が出ている。
Iso6400dsc_6340

ISO12800、SS1/3200
ベタ感がさらに強くなり全くアカン。
Iso12800dsc_6342


参考 ISO25600、SS1/4000
SSは上限で押さえられている。撮影中は気付かずで、どういう設定になったのかよく分からない。
Iso25600dsc_6345


ISO12800の画像をトリミングでの拡大を2倍に抑えると特に問題無いように思う。
夜景撮影のノートリなら慎重に撮れば手持ちでも問題無いのではないかいな?
Dsc_6342_01_2

|

« チョウゲンボウ2020Ⅴ またしても交尾 | トップページ | イワツバメ相手に腕を磨く? »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウゲンボウ2020Ⅴ またしても交尾 | トップページ | イワツバメ相手に腕を磨く? »