« Z50でのTa18-400㎜と300㎜f4+TC14Ⅲの写りの違い | トップページ | Z50と500㎜f5.6のTC有無の画像比較 »

2020年5月 1日 (金)

イワツバメ相手に腕を磨くⅡ

 今日も地元のイワツバメ相手に撮影の腕を磨く。日差しが昨日より少し弱かったので画像はマシと思うが、逆光気味の撮影でもう一つ満足出来る画像は無かった。対岸の道路は車が通るので危ない、昼からなら順光になるがイワツバメが水面に下りるかどうか分からず、生活のリズムからも撮影は朝が良い。それほど撮りたいと思う鳥でも無いので今のままの撮影で良いだろう。
ササゴイがそろそろ来ないかと思い出合まで見に行ったが姿見られず。緊急事態宣言が延長されそうだが、河川敷公園の駐車場がどうなるか気になる。この時期は、チョウゲンボウよりコアジサシを撮りたい。

  
01dsc_7445 02dsc_7446 03dsc_7447

04dsc_7461 05dsc_7463 06dsc_7464 07dsc_7465 08dsc_7466

09dsc_7476 10dsc_7477

11dsc_7513 12dsc_7514 13dsc_7515

14dsc_7537 15dsc_7538 16dsc_7539

17dsc_7542 18dsc_7543 19dsc_7561 20dsc_7562 21dsc_7563

22dsc_7570 23dsc_7571 24dsc_7572 25dsc_7573


上流のツバメ
26dsc_7367 


撮影機材:D5、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:330枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« Z50でのTa18-400㎜と300㎜f4+TC14Ⅲの写りの違い | トップページ | Z50と500㎜f5.6のTC有無の画像比較 »

野鳥色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z50でのTa18-400㎜と300㎜f4+TC14Ⅲの写りの違い | トップページ | Z50と500㎜f5.6のTC有無の画像比較 »