« 夕焼け | トップページ | 地元ブラブラ ハッカチョウ初見初撮影 »

2020年5月 7日 (木)

地元ブラブラ

 昨日、ササゴイ到着とヒクイナの情報があったので、8時過ぎ出発でブラブラ探索し12時過ぎに自宅に戻った。ササゴイは、地元の川では一番見難い場所に居りまともに撮れず。ヒクイナは何とか数枚の証拠写真が撮れた。一番シャッターを押したのは、途中で寄ったツバメの巣での親から雛への給餌だった。

明日は車の定期点検、車で出るのは11日以降となるが駐車の関係で行ける場所があるかな。伊吹山のドライブウエイは、HPを見ると平日なら通行出来るようだが費用が勿体ない。他府県への移動自粛、人の少ない場所を選んで行けば問題無いと思うが、皆がそう思えば密になるか・・・鳥撮影ポイントは、有名なメジャーな場所に珍鳥が登場した場所以外は2m以上の間隔を十分撮れる。繁華街に観光地やレジャーの場所とは混み方の次元が違う。自分の行く場所は、車での道中(休憩)を含め気を緩めなければ大丈夫と思っている。地元ブラブラの方がすれ違う人は多い。

  
ツバメの給餌
地下鉄駅のエレベータ出入り口斜め上の毎年巣を作る場所。かなり近距離で撮ったが、人の住む場所に巣を造り人を利用して外敵を寄せ付けない鳥だけあって、近づいても完全にこちらを無視しよる。

ISO3200、SS1/160での撮影
雛は5羽
20050701

親が餌を持って帰ると一斉に大きな口を開ける。自己PR優勢では無く親は順番に餌を与えるようである。
20050702

20050703

20050704

20050705

20050706

20050707

20050708

20050709

ノートリ
20050710


カワセミ、給餌が見られた
最近はあまり行かない最下流のカワセミポイント、水門横で西からの撮影なので朝は逆光
20050711

20050712

20050713

20050714


コシアカツバメ
上流ではあまり姿を見ないが、この辺りに来ると毎年数羽の姿を見る。
20050715


ヒクイナ、水門の前に登場
ノートリ
20050716

クイナは地元の川で過去に何度か見たが、ヒクイナは初めて。過去にこの辺りに来たことが有るらしい。
20050717


ササゴイ
地元の川で一番細い場所で両側の草の背が高く一番見難い場所
橋の上からの撮影、ノートリ
20050718

1200Pixel等倍
20050719

横に行って草の隙間から撮影する
20050720

20050721

20050722


オマケのスッポン
20050723



撮影機材:Z6、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:421枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« 夕焼け | トップページ | 地元ブラブラ ハッカチョウ初見初撮影 »

野鳥色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕焼け | トップページ | 地元ブラブラ ハッカチョウ初見初撮影 »