« チョウゲンボウ2020Ⅵ 雛誕生はまだのようだ | トップページ | チョウゲンボウ2020Ⅶ(2/3)  餌渡し »

2020年5月12日 (火)

チョウゲンボウ2020Ⅶ(1/3) D5とロクヨンの天日干し

 ロクヨンもたまに使わないと勿体ないで、気合を入れて天日干しと動作確認を行った。
チョウゲンボウの出はもう一つ、餌渡しが見られたが♂が餌を持って帰ってから直ぐに♀は出てこず、さばいて小さくしてから出てきて餌渡しが行われた。♂は♀に代わって直ぐに巣に入ったので、モニターで画像を確認している間に、再び♀は巣に入り♂が外に出ていた。その間の♀の動きを見ていなかったのでよく分からないが、餌を巣に持って入ったとしたら雛誕生ということになるがどうなのかな・・・・?
コアジサシは時々見ていたが見えず、チュウシャクシギが遠いながらよく飛んでいた。

D5とロクヨンの三脚撮影、流石に無修正画像はいつもの手持より奇麗で飛翔の歩留まりも良かった。D5のAFは良いが、今度出るD6はニコンで最強のAF性能とか、どの程度か知らないがほんの少しでも良くなっていれば真にニコン最強には違いない。


今日は1/2で♀の飛び出しと飛翔、TC14Ⅲ装着時の画像を掲載、餌渡しは後日

♀の飛び出しと飛翔
日影から日の当たる場所に飛び出す一番連写しにくい条件、日陰は奇麗に撮れるが日が当たると画像が白飛びする。露出を日の当たる場所に合わせると日陰は暗くなり、露出設定が難しく厄介。

巣の近くのハトを追い払い止まる。
20051201

飛び出そうとしたが
20051202

足を滑らせる
20051203

20051204

必死に戻る
20051205

20051206

態勢を立て直し横に飛ぶと思ったが
20051207

こちら向きに飛び出しよった。
顔に日が当たり白飛び寸前を修正
20051208

20051209

20051210

20051211

20051212

20051213

20051214 

20051215

この画像の後は日が当たりボケも入った。
20051216

ハトを追う
20051217

20051218


TC14Ⅲを使用する
f4からf5.6になりISOを少し大きくしたためシャープさに欠けるが十分。
20051219

20051220

20051221

20051222

20051223

20051224

20051225

20051226


<アカショウビンの季節到来>
5年間撮っていないので今年は行きたいが、新型コロナの感染防止で密を避けるため行かない方が良いかな。2ヵ所で入ったとか声を聞いたとか姿を見たとかの情報が早入っているが来年・・・?

2013年の八東での撮影画像  D4と500㎜f4の三脚撮影
D5と600㎜f4で撮りたいな~
20051227

  
撮影機材:D5、600㎜f4(+TC14Ⅲ)、三脚撮影  撮影枚数:536枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« チョウゲンボウ2020Ⅵ 雛誕生はまだのようだ | トップページ | チョウゲンボウ2020Ⅶ(2/3)  餌渡し »

チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チョウゲンボウ2020Ⅵ 雛誕生はまだのようだ | トップページ | チョウゲンボウ2020Ⅶ(2/3)  餌渡し »