« Z50と500㎜f5.6のTC有無の画像比較 | トップページ | 腕力不足か?・・・手持撮影連写でファインダー内のターゲットが動く »

2020年5月 2日 (土)

Z50と500mmf5.6+TC14Ⅲ手持撮影をフィールドで試す

 地元ブラブラでZ50と500㎜f5.6+TC14Ⅲの手持撮影を試してみた。結果は鳥の飛びものには使えず、止まりものは ”まあ使えるか” の感触、
1050㎜の手持ちでAFの遅いZ50では当然の結果だろう。三脚使用で慎重に撮れば少しはマシかも知れないが飛びもの狙いでは使うことは無いだろう。
α9と200-600㎜の使い手が居たのでファインダーを覗かせてもらったが、AFの速さの次元が違う。これでカワセミの水際で最初のピントが合わないとは、速すぎてタイミング的に先に周囲にピントを取られるのかな? 尚、ファインダーで見た感じはZ50の方が奇麗だった。

約3時間の外出だった

  
●鳥の飛翔
イワツバメ相手だったが、D5と500㎜f5.6でも難度が高い被写体なので当然の結果だろう。
Z6と500㎜f5.6+TC14Ⅲではオオワシ相手なら追えた。一度イワツバメで使っても良いかも・・・・やる意味が無いか。

01dsc_6478

02dsc_6599

03dsc_6873

04dsc_6874

05dsc_6890

06dsc_6905

07dsc_6908

08dsc_6911

09dsc_6922

10dsc_6931

11dsc_6951

12dsc_6960

13dsc_6961


●止まりもの
等倍画像でもマズマズ
14dsc_6416_1

1200Pixel等倍
15dsc_6424

1200Pixel等倍
16dsc_6661

17dsc_6690

18dsc_6785

19dsc_6786

20dsc_6788

1200Pixel等倍
21dsc_6846



撮影機材:Z50、500㎜f5.6、手持撮影  撮影枚数:575枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

 

|

« Z50と500㎜f5.6のTC有無の画像比較 | トップページ | 腕力不足か?・・・手持撮影連写でファインダー内のターゲットが動く »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z50と500㎜f5.6のTC有無の画像比較 | トップページ | 腕力不足か?・・・手持撮影連写でファインダー内のターゲットが動く »