« 6/16のチョウゲンボウ残り画像 その①  土手に下りた幼鳥 | トップページ | 6/16のチョウゲンボウ残り画像 その②  飛翔 »

2020年6月19日 (金)

今シーズンのチョウゲンボウで使用した機材

 朝起きてソファーに座り、しばらくして立った時に腰を痛める。座っている間におかしくなったのかも知れないが、とにかく立つ時に腰が痛くて直ぐ伸びずまともにに歩けない。少し時間を置くと腰を丸めては普通に歩けるが伸ばすと痛い何時もの腰痛、雨がショボついており昨日に続き撮影休み。

チョウゲンボウ撮影に使った機材をまとめた。
持ち出したカメラはD5が一番多く、レンズは600㎜f4と500㎜f5.6の使用頻度は同じくらい。当初600㎜f4を多く使おうと思ったが、広場方面へ飛んだ時追うため手持ちで撮影、結局500㎜f5.6も撮影の半分ぐらい使用した。撮影総枚数は17,686枚、画像の綺麗さは元画像で見るとD5と600㎜f4だが目を見張るほどの差はない。D500と300㎜f4手持ちで近くから撮った画像も中々良かった。
相変わらずブレ(ピンアマ)が多かったが機材のせいではなく、近くから撮るのでキッチリ追えていないのが原因、AFがD5からかなり進歩したというD6ならもっと歩留まりが良かったのかな。D6のAFは、スポーツがメインのようだがファインダー内では小さい近くの鳥でも威力を発揮するのかな。撮影距離の遠いオオワシなどでは、直感的にD5とあまり変わらないような気がする。人の評価では分からないので一度使ってみたいとは思う。

01

掲載は、5番子が巣立ちする前日(6/16)に一度巣から出てきた時の画像。

02dsc_5367_20200619102901

この場所は前の障害物が邪魔で出た瞬間はまともに見えず。
03dsc_5368

掴まろうとするが
04dsc_5369

05dsc_5370

簡単に掴めず
06dsc_5373

07dsc_5374

08dsc_5376

バタバタしながらも何とか外に出た。よく見える位置まで下がる。
09dsc_5420

羽ばたきながらウロウロ動くのを期待したが直ぐに巣に入った。
10dsc_5427

 

|

« 6/16のチョウゲンボウ残り画像 その①  土手に下りた幼鳥 | トップページ | 6/16のチョウゲンボウ残り画像 その②  飛翔 »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6/16のチョウゲンボウ残り画像 その①  土手に下りた幼鳥 | トップページ | 6/16のチョウゲンボウ残り画像 その②  飛翔 »