« Ta18-400mm、撮影距離が近いとT端の焦点距離はかなり短くなる | トップページ | 地元ブラブラでアオサギ »

2020年6月30日 (火)

6月の狙いの鳥をまとめた

 知り合いのブログを見ると三脚が倒れて破損したD500の修理が終わったとの掲載があった。本体が破損しても直せるのかと思い、近くのキタムラにD850を持って行った。ニコン大阪に持って行った時には、修理不能で軽くあしらわれカチンときた代物なのでどうなるか分からない。修理出来なくて元々、費用が多少高くついても直れば儲けもので修理依頼した。ファインダーの視度調整は直らなくても(視度調整レンズ取り付けで何とかなっている)、AFが昨年9月の2度目の転倒前の状態に戻れば問題なく使えるので良しとする。ピント不調がピンズレだけなら何とかならないかな? フルサイズカメラはZ6があるので、トリミングで拡大しない風景でもピント不調のまま使用する必要はないような。直らなければピントの狂いがハッキリわかったので、未練を残さず思い切って”何でも下取り”で処分するか・・・。


6月の狙いの鳥をまとめた。
6月は雨や腰を痛めたり、花や風景撮影に行ったりで鳥撮影の回数は少なった。地元の鳥はさっぱり、カワセミ、情報を得て行ったハヤブサは姿見ずでササゴイはまともに撮れなかった。チョウゲンボウで何とか鳥撮影を維持できたが、7月はどこへ行けばよいのやら。

200630 

|

« Ta18-400mm、撮影距離が近いとT端の焦点距離はかなり短くなる | トップページ | 地元ブラブラでアオサギ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ta18-400mm、撮影距離が近いとT端の焦点距離はかなり短くなる | トップページ | 地元ブラブラでアオサギ »