« ツバメの空中餌渡し初撮影 | トップページ | チョウゲンボウ2020ⅩⅦ 耳を澄ませば(?)雛の鳴き声が聞こえた »

2020年6月 4日 (木)

6/2のチョウゲンボウ D850と500㎜f5.6三脚撮影編

 D850は、最近の故障と違うかと思う時以外にも、条件によって良い時と悪い時があるのは購入当初から感じていた。慎重に上手く撮れば、やはり高画素機はエエと思う画像を撮れるのかも知れないが、そう感じる前に購入して半年ぐらいで落として修理不能(ニコンが修理しよらん)となってしまった。上手く撮れた時は自分の使用での唯一の長所、”フルサイズの画面で鳥の飛翔を追ってトリミング拡大でAPS-C機並みサイズの画像が得られる”があるので重宝と言えば重宝ではある。鳥が近づいてきた時にピントを外す確率がD500よりは少ない。

D850と500㎜f5.6の三脚撮影の画像です。

餌渡し
1回目はZ50の手持ちで撮ったが振り過ぎで上手く追えなかったので、2回目は慎重に撮った。3回目をもう一度Z50の手持ちで撮ろうと思っていたがチャンスが無かった。
01dsc_9934

02dsc_9936

03dsc_9937

04dsc_9938

05dsc_9949

06dsc_9950

07dsc_0014_1

1200pixel等倍に拡大
08dsc_0018

09dsc_0045

10dsc_0066

11dsc_0067

12dsc_0068

13dsc_0069 

レジ袋に興味を持ち近くに移動。
14dsc_0079

興味深く中を見ていた。撮っている時は何を見ているのかと思っていたが、PCで拡大して理由が分かった。
15dsc_0089

16dsc_0119

17dsc_0120

18dsc_0132

|

« ツバメの空中餌渡し初撮影 | トップページ | チョウゲンボウ2020ⅩⅦ 耳を澄ませば(?)雛の鳴き声が聞こえた »

チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツバメの空中餌渡し初撮影 | トップページ | チョウゲンボウ2020ⅩⅦ 耳を澄ませば(?)雛の鳴き声が聞こえた »