« 思い込みで無駄な時間を過ごす | トップページ | マスクを30枚追加購入した »

2020年6月25日 (木)

チョウゲンボウ2020総集

 午前中は雨が降らないようなのでハヤブサもう一度で出かけようと思ったが、昨日角度が急な煙突をかなり見ていたので首が怠い。ハヤブサ幼鳥の目撃はチョウゲンボウの見間違いと違うかな~、ハヤブサ幼鳥ならしばらく居着くと思うので情報が入るだろう・・・・で撮影休み


今シーズンは23回行ったが、チョウゲンボウは苦労せずに撮れるので正直なところ途中で飽きる。続けて行ったのは、昨年も同様だが他に撮りたい鳥がいないからで、狙いは飛び出しと飛翔、♂から♀への餌渡し、近くからの撮影と変わり、最後は巣立ちした幼鳥で終わる。昨年からチュウヒが繁殖しなくなったからチョウゲンボウに変わったのだが、チュウヒが良かったら半分も行っていないだろう。餌渡しは口移しより空中の方が絵になる。
まあ、昨シーズンにより少なかったが今シーズンは23回、1日3~5時間の観察だがこの地のチョウゲンボウの習性を更に理解できたように思う。鳥の習性は暇でもじっと我慢の子で観察し、どうやこうやと考えないと理解できない。

撮影機材は色々使ったが、綺麗に撮れるのはD6と600㎜f4の三脚撮影、手持ではカメラにかかわらず500㎜f5.6を多く使用したが、一度使ったD500と300㎜f4が近くでは撮り易く良かったように思う。来年は、この組み合わせを多くするのが軽くて楽ということも有り良いかも知れない。最後にD500かZ50とTa18-400㎜で撮ろうと思っているが、腰を痛めて行けずだが行かないかもしれない。

6月17日に中締め、その後に子供の様子を見に行って終了させ、総集をまとめるつもりだったが、腰を痛めて行けずで完全終了とした。
行った時には無事だった2羽の子供、その後1羽は行方不明とも聞いたが無事なのかな。

気まぐれで行くかも知れないが、チョウゲンボウ2020は終了、また来年。


●4月7日 D850と500㎜f5.6、手持撮影 447枚
 コロナが心配で行く場所がなくなり、車で行け人の少ない閑散とした場所ということで、昨年より一週間早くスタートした。撮影ポイントに着いて30分程待っていたら♀が姿を現し、12時前に遠くへ飛び去るまで付き合ってくれた。一度♂が餌を持って帰ってきたので餌渡しも撮れ、幸先良いスタートとなった。
01200407

●4月8日 D5と500㎜f5.6、手持撮影 373枚
 前日とは違い巣の近くに止まってじっとしているという状況で暇を持て余した。巣に入りしばらく出てこない時間も有ったので抱卵に入ったように思った。
02200408

●4月9日 D5と600㎜f4、三脚撮影 598枚
 抱卵中と思っていたが交尾が始まったので驚いた。交尾後♂は飛び去り♀は巣の中へ入る。その後、♂が獲物を持って帰り時間を置いて♀が出てきたが見ているだけ。♀はハトを蹴散らしに出てくるだけで巣に入ることが多く退屈だった。3時間ほどしてから♂が再び獲物を持って帰ってきて餌渡しが行われたので引き上げた。
03200409

●4月14日 Z6と500㎜f5.6、手持撮影 477枚
  冷たい風が強く我慢できずで広場横の木の茂みの後ろに移動して待った。餌渡しがあったが遠すぎてまともに撮れず、交尾が再びあったが後ろ向きではもう一つ。撮影そのものも風に煽られ苦労した撮影日だった。出が悪く抱卵が始まったと感じる日でもあった。
04200414

●4月28日 D500と500㎜f5.6、手持撮影 623枚
 コロナで駐車場が閉鎖になる前日、閉鎖の前にコアジサシということで行ったが、チョウゲンボウは次いでの撮影。グランドで交尾を見たが(3回目)遠くて後ろ向きではもう一つ。
05200429

●5月11日 D500と500㎜f5.6、手持撮影 372枚
 駐車場の閉鎖が解除になり、4/28以来のコアジサシを狙いに行った。2時間待ったが姿見ずで、チョウゲンボウに狙いを変えたが、こちらは順調で良い角度での餌渡しと砂浴びを今までに無い近距離で撮れて良かった。
06200511

●5月12日 D5と600㎜f4、三脚撮影 538枚
 チョウゲンボウの出はもう一つの日だった。餌渡しが見られたが♂が餌を持って帰ってから直ぐに♀は出てこず、さばいて小さくしてから出てきて餌渡しが行われた。♂と♀の動きから雛誕生かの予感がした日だった。  
07200512

●5月15日 D5と600㎜f4、三脚撮影 1,023枚
 8時前から11時までの撮影で♂が2度獲物を持ち帰ったが、♀はいずれも出てこずで♂が巣に持って入った。♀も短時間ながら2度出てきたが、今シーズン2度目の砂浴びが良い角度で撮れて良かった。雛誕生を確信した日でもあった。
08200515

●5月20日 D850と500㎜f5.6、手持撮影 347枚
 8時過ぎから12時前までの撮影、狙いは砂浴びとグランド辺りでの餌取だったが共に見られず。♂の餌持ち帰りは3回、2回は後姿で1回は♂の鳴き声の方向を間違い前を見た時は終わっていた。雛が順調に育っているようで♀の外に出る時間が多くなっていた。D850の不調が再び気になった日でもあった。  
09200520

●5月21日 D850と500㎜f5.6、手持撮影 237枚
 この頃になると飽きてきたが、行くところが無くチョウゲンボウに行った。D850と500㎜f5.6PFの手持で、前日のボケ連発のチェックだったがやはりアカン、飛びもののフォーカスがもう一つで歩留まりが悪いのが気になった。餌渡しは3回、着く前に1度あったとのことで餌渡しのサイクルは短くなったように思う。餌渡し以外は良かったシーンはなく疲れた。
10200521

●5月22日 D5と600㎜f4、三脚撮影 636枚
 7時過ぎから10時前までの撮影で♂の餌持ち帰りが5回あった。餌渡しではなく餌プールも含めてだが持ち帰りサイクルがかなり早くなった。受け渡し失敗で餌が落ちるのを初めて見た。
11200522

●5月25日 D850と600㎜f4、三脚撮影 334枚
 8時前に到着、しばらくして1時間少々で餌渡しが4回ありビックリ、調子の悪いD850とロクヨンで行ったが結果はもう一つ。D850でそのまま続けてもアカンで10時頃に引き上げた。
12200525

●5月27日 Z6と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:815枚
 8時前からの4時間で餌渡しの回数は4回で雛は順調に育っていると確信した。しかし、昨年より回数が減っており雛の数は少ないと思ったが最後に5羽出たので驚いた。Z6とロクヨンだったが、やはりAFの初動遅さで餌渡しに飛び出しはワンテンポ遅れた。
雨上がりで昨年撮れたBBQ広場の水溜まりで水浴びを期待して行ったが見られず。今シーズンは、砂浴びは撮れたが水浴びは撮れずだった。
13200527

●5月28日 D500と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:749枚
 道路の渋滞を考え7時頃着で行くようになった。♀が巣から出てきて遠くへ飛ぶようになり、雛が大きくなってきたと予想する。♂が餌を持ち帰っても♀が居らず♂が巣に持って入るところも見るようになる。
暑くなってきてコロナ対策のマスクが邪魔になったが、我慢して最後まで着けていた。今も着けている。この地では知らない人が多いので、人とはあまり喋らずマスクをしていない人は避けるようにしていた。もぅ大丈夫だろうと喋るようになったのは最後の方の数回。
14200528

●5月29日 D5と500㎜f5.6、三脚撮影 998枚
 ♀が近くに何度か下りるようになったのでBBQ広場の横で待った。狙いはバッタなのどのフライングキャッチだったが、目では見たものの撮れず。
15200529

●6月2日 Z50と300㎜f4、手持撮影  1,455枚
 Z50と300㎜f4手持ちをメインに、バックアップにD850と500㎜f5.6の三脚撮影で行った。D850の不調は続いておりZ50での撮影がメインとなる。餌撒き爺さん登場で動きが変わり近くに下りてくれたので、近くからそれまで以上に何度も撮れたが直ぐに飽き、期待のフライングキャッチがシャッターチャンスがなくなった。地元ではないので人が何しようが、鳥に危害を加えない限りゴジャゴジャ宣う気はないが(何をやっとんねんと嘲笑するが)、人によって狙いが違うので一人か仲間内の場所でやって欲しい。この地のチョウゲンボウは餌を撒かなくても何度も近くに下りている。立っていた場所の横、2~3mの所に下りてびっくりしたこともある。
16200602

    D850と500㎜f5.6、三脚撮影 249枚
Dsc_0018

●6月4日 D5と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:1,180枚
 重量機材D5とロクヨンを、ジッツォの三脚GT2531(2シリーズ、3段、6Xカーボン)に載せて初めて撮影した。機材チェックの日であったが十分耐えることが確認でき良かった。餌の持ち込み回数は順調で、♀が餌を巣に持って入った時に雛の鳴き声が聞こえ、そろそろ巣から雛が顔を出すのが期待出来る日となった。
17200604

●6月5日 D850と600㎜f4、三脚撮影 784枚
 7時から11時前まで居て♂の餌持ち帰りは1度、♀が近くで頻繁に餌を撮り巣に持ち込んでいた。♀のフライングキャッチ撮影のチャンスだったが、重量機材の三脚撮影だったので倒すなどのトラブルを恐れあまり追いかけず。
18200605

6月8日 D500と300㎜f4、手持撮影 撮影枚数:980枚
 7時過ぎから10時過ぎまでの撮影、♂は一度も戻って来ずで、♀が頻繁(10回以上)に虫餌を捕って巣に運んでいた。虫以外に対岸に飛びムクドリを持って帰ってきたが、重くて橋まで一気に持って上がれず、地面でウロチョロしよったので、これまでに無いシーンが撮れて良かった。
雛がチョロット顔を見せた。
19200608

●6月9日 D5と500㎜f5.6、手持撮影 撮影枚数:834枚
 7時から10時まで粘ったが、♀のサービスは前日より悪くなり、遠くへ飛ぶ時間が長くなり雛をほったらかしにしていたが巣立ち間近を感じる。♂は2度獲物を持って帰ってきたが、♀が近くに居らず♀を呼ぶことなく巣に直行短時間だが何度か巣の入口を見たが雛は顔を出さず。
20200609

●6月15日 D500と500㎜f5.6、手持撮影 撮影枚数:830枚
 地元の人に13日に1羽が出て(落ちて?)川に流されたと聞いた。昨年も1羽が13日に出て(落ちて)水道管(かどうか知らないが)橋脚まで飛んで川に落ち、トビに食べられているが同じ日ではないかい。子供は体半分巣から出ていたので2番子巣立ちは直ぐと思ったが、川が遊歩道の下10cmもない位置まで増水しており、巣から出て落ちれば川に落ちる可能性が高いので心配だった。
21200615

●6月16日 D5と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:1,848枚
 着いて直ぐに前日帰った後に2羽が落ちて川に流されたと聞いたのでがっかりしたが、1羽が巣に居ると聞き巣立ちを期待して待った。期待通り10時43分頃に巣立ちしたので撮りまくった。巣立ちの瞬間を見える場所から撮ったのは初めて、直ぐに土手の斜面に下りたので撮りまくった。
驚いたことに巣にもう一羽居た。色が黒く産毛も残っていたので、この日は出ないだろうと思い引き上げた。毎日行ったわけではないが、親の獲物持ち帰り回数が昨年より少なく、雛の数は少ないだろうと予測していたが外れた。
22200616


●6月17日 Z6と600㎜f4、三脚撮影 撮影枚数:959枚
 5番子登場、土手の上から撮り暑かったので橋の下の日陰で休んでいた時に出てきたので瞬間は撮れず。川に落ちず運よく橋脚の上に落ちよったので、しばらく撮りまくる。その後、川中の橋脚の土台に飛んだので引き上げた。
23200617

|

« 思い込みで無駄な時間を過ごす | トップページ | マスクを30枚追加購入した »

チョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い込みで無駄な時間を過ごす | トップページ | マスクを30枚追加購入した »