« Z50と300㎜f4PF+TC17Ⅱで地元ブラブラ | トップページ | ハスの花を探して湖北へ »

2020年7月20日 (月)

COOLPIX A1000のISO感度限界を調べる

 一眼でのISOは、100の画像がもう一つ気に入らず、鳥、風景、花に限らず下限200ぐらい、上限はカメラや条件によって2000~3200(~6400)ぐらいまで使用している。高感度はノイズも気になるがベタ感の方が気になり、ノイズリダクションをかけてからアンシャープマスク処理することが多い。
コンデジのA1000はどのぐらいの範囲が使えるか調べてみた。

モードA、焦点距離273㎜相当、f6.3で撮影、トリミングで2倍に拡大、露出を+0.5補正したが他は無修正。

ISO100、SS1/8
手振れがある。手振れは、このSSになると一眼レフの方がガッチリつかめるのでマシ、焦点距離が標準域なら大丈夫だろう。ファインダーを見て撮らずモニターを見ながら撮ればマシかも知れない。
01100ss8

ISO200、SS1/15
まだ少し手振れがある。
02200ss15

ISO400、SS1/30
このぐらいのSSになれば大丈夫
03400ss30

ISO800、SS1/60
特に問題無し
0480060

ISO1600、SS1/160
ノイズが少し目立ちベタ感もある。
051600ss160

ISO3200、SS1/250
ノイズは残るが修正は可能と思う。
063200ss250

ISO6400、SS1/500
画質が完全に変わっているので見られる修正は無理、ISO3200で露出アンダーで撮りソフト修正した方がマシかな?
076400ss500

|

« Z50と300㎜f4PF+TC17Ⅱで地元ブラブラ | トップページ | ハスの花を探して湖北へ »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z50と300㎜f4PF+TC17Ⅱで地元ブラブラ | トップページ | ハスの花を探して湖北へ »