« 雨で撮影休み 買い物 | トップページ | 500㎜f5.6にTC17Ⅱを使用する »

2020年7月14日 (火)

今日も撮影休み  今となっては思い出のカワセミ撮影?

 朝起きて外を見ると雨、今日も撮影休みかとソファーにどっかり座る。ボーっとTVを見ていたが頭が冴えてきた頃に、昨日Z6で調べた連続撮影可能コマ数を思い出す。XQD・GでロスレスRAW14bitの200枚は、性能表と比べて多すぎる。朝からもう一度、高速連写Hで試したが、昨日と同じ200枚だった。性能表の数値30数枚は、H+の時かで取り合えず納得したが(?)、多く撮れるのでエエやろう。肝心なのは、D6でCFexpressとXQD・Gで何枚撮れるかだ。XQDの方が多く撮れればカードリーダー購入の意味が無い。

京都は、例年祇園祭の頃に梅雨明けしていたが今年はどうなるのか、今年ほど撮影に出れなかった梅雨は無かった。来週辺りには毎日出れるようになるのかな・・・・。

毎日家に居れば体調がおかしくなる。TVを見ても面白くなく、PCの前で画像整理すれば目が疲れる。今日は、3年ほど前から出が悪くなり最近は見ても短時間となったカワセミの過去の画像を見て、あの頃を良かったと懐かしんだ。
カワセミを初めて撮ったのは2004年6月のお寺だった。その後もボチボチ見かけ他所へ探しにも行ったが、2~3年後に地元の川で探して撮るようになる。その後の10年間は、カワセミを本格的に狙い良い画像も色々撮れたが、カワセミの出が徐々に悪くなり動きももう一つで面白みがなくなってきた。今でもカワセミ全盛期の頃のように、出が良くサービスが良ければ通っているのだが。カワセミ撮影で面白いのは、餌取の水際、ホバ、年に数回の縄張り争いのバトル、雛登場、連写で撮れる思わぬ飛翔姿勢と色々あるが、サービスは個体によってかなり違う。
カワセミ復活の日は来るのかな・・・・

  
●餌取の水際
 昔のカワセミは、深い場所に集まる魚を狙うことが多く、深く潜るので飛び込んでから一呼吸置いて飛び出してくるので撮りやすかった。最近は浅い場所での飛び込みが多く、一瞬なので撮りにくく撮れても面白みがない。動体視力とシャッターを押す反射神経が衰えているので、カメラの性能だけではカバー出来なくなってきた。

0104201213

02201211

03201218

04201406

05201407

06201408

07201409

08201102

 魚無しだが水際では一番気に入っている画像
09201201

10201206 


●ホバ
 ホバしながら魚を探す時と飛び出してから魚を見失ってホバすることがある。前者はロングで10秒近くだったり数段ホバ(途中に少し移動して再ホバ)の時もある。後者はショートで当然ロングホバの方が撮り易い。じっと空中に止まっているわけではなく、風に押されて少し左右、前後に移動したり下を見ながら少し角度を変える時もある。少し風があり川面が波で見難い時、川中の石に止まった時に飛び上がってすることが多い。バックにピントが撮られやすい障害物、明るさ、距離との兼ね合いで、止まりものの感覚で狙えば全くピントが合わずに終わることも時々ある。 三脚使用時ならMFアシストでピントを合わせられるが、手持が多いのでピントがバックに撮られれば、少し移動して撮ったりしていた。

 ホバは少し斜め前からの角度が一番良い
11201209 

12201205

 距離が近くバックが離れていれば一発で合う。地元ではAF-C1点が良いという人もいるが、手持ではダイナミック何点かの方が引っ掛かりやすい。
13201207 

 羽がブレる。羽を完全に止めようとISOを大きくしてSS1/8000まで上げたことがある。振っている間は止まらず、振り上げた瞬間か振り下げた瞬間しか止まらずで、SS1/1600~2500と大して変わらず。
14201505

15201204

 スローシャッターに何度か挑戦した。三脚を使えばSS1/60でも撮れるが、手持ではミラーレスのV3しかSS1/60は撮れなったと思う。1/20、1/30ぐらいで撮り、羽をほとんど消したこともあったような。
16201103

172011032

18201203 

 最初はホバを見ればシャッター押し捲りだったが、同じ画像の繰り返しなので途中でシャッターを押すのを止め、急降下する寸前を狙うことが多くなった。
19201202

 岸の肩に戻るところ。
20201216 


●バトル
 近くで威嚇合戦が始まると、数時間動かなくなることもある根気のいる撮影だが、壮絶なバトルが始まると面白い。
21201104

22201403

23201404

24201405

25201502

 これはバトルではなく給餌がうまくいかなかった時と思う。
26201504


●雛登場
 雛が登場すると親からの給餌や雛の餌取の練習が見られるので、親が追い払うまでの1週間ほどは面白くなる。最近は地元では見ていないが、時々色の黒い幼鳥を見るので数は少ないが何処かで誕生しているように思う。
27201214

28201002


●その他
 交尾
29201001

 大きな魚を咥えての飛翔、これがこれまでで一番大きな魚。
302008

 飛翔中のズッコケシーン、連写でたまたま撮れていた。
31201101

 魚の咥えれる場所が悪く、暴れたので落としたのかな。
32201215

 水切り、飛び込んだ後の飛翔で魚を咥えていなければよく見るシーン。
33201411

34201410

 方向転換、撮れたのはこの1枚のみ
34201412

 真下に飛び込む
35201401

 撮りにくいがD6なら連写できるかな
36201501

 

特別定額給付金の払込通知書が届いた。ありがたく先取りで使っているが、無事に入金されて良かった。

|

« 雨で撮影休み 買い物 | トップページ | 500㎜f5.6にTC17Ⅱを使用する »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨で撮影休み 買い物 | トップページ | 500㎜f5.6にTC17Ⅱを使用する »