« 地元ブラブラでアオサギ | トップページ | 地元ブラブラでチョウゲンボウにヒメアマツバメ・・・D6予約した »

2020年7月 2日 (木)

使用頻度の少ない600㎜f4をどうするか

 最近、足の衰えなど老齢化が更に進み重たい機材で歩くのがしんどい、撮りたい鳥もシーズン限定で固定化となり、64担いで気合を入れての撮影意欲がなくなってきた。撮影距離が150mぐらいの鳥なら556PFで十分、オオワシ、チュウヒ、ミサゴなどは近くを飛ぶことも多いので64不要を感じる。もちろん64を使用すれば綺麗に撮れるが、遠ければよほど空気が澄んだ良い条件で無いと綺麗に撮れない。チョウゲンボウ撮影で久しぶりに会った私より数歳若い昔からの知り合いカメラマンも、重くて64を手放したと聞き驚いた。イヌワシにクマタカは64と思うが行くことは少なく、たまに気まぐれで行ってみるかなら、D500と556でも十分だろう。共に以前に何回か行った時は旧型の54+TCだった。持ち株全て売却の儲けで手に入れたが手放せば二度と手に入らない価格、置いておいても売却価格が下がるだけで勿体ない。思い切ってD5共々下取りに出して、D6と風景用に70-200㎜f2.8を買うかな。70-200㎜f2.8は以前旧型を持っていて良いレンズなのは分かっていたが、鳥撮影でズームレンズより単焦点に走ったので手放した。ズームレンズも必要なこともあり、中古の70-200㎜f4を買ったが物足りない。18-400㎜は便利だが、最近買ったCOOLPIX A1000で鳥の飛翔以外は代用できそう。70-200㎜f4と18-400㎜も下取りに出し、追加料金無しでいけるか一度聞いてみるか。
AFの追従が抜群との話があるソニーのα9Ⅱとズームレンズという手もあるが、地元カワセミ撮影の人に聞いた話では、α9での話だがカワセミ水際の最初の食いつきが悪く、ピントチェックに出したが正常で帰ってきたとの話を聞いたので・・? ソニーにしろニコンにしろ軽量のミラーレスに一気に走るには、レンズの重さが一眼レフ用と変わらないので、体力的な面からではあまり意味がないような。写りは今のところ一眼レフでも全く不満は無く、同じレンズなら差異は無いだろう。

撮影休みの日にオオワシ、チュウヒなどの過去の画像をじっくり調べてみよう。
75歳まで使うつもりだったが益々使用機会が減るのは間違いない。画像の良さはレンズ次第と聞くが、ピント勝負の鳥飛翔の場合は少し遠い距離の話で、遠すぎればどんなレンズ使ってもアカン(大気状態の関係でまともに撮れない)、近ければレンズよりカメラのAF性能と振り回しの良さが決め手。

尚、今でもリュックに入れての担ぎなら三脚を持って1kmぐらいの歩きは大丈夫、三脚に載せての担ぎは冬のオオワシでは急ぎ足で数百mぐらい歩いたがしんどかった。来シーズンは担いで急ぎ足で歩けば扱けるかも知れない。

  

掲載はカモ親子の行進
上流の流れが速かったので中州を歩いて横切る。子は9羽居るが必ず1羽が離れよる。

Dsc_5154_1

 

|

« 地元ブラブラでアオサギ | トップページ | 地元ブラブラでチョウゲンボウにヒメアマツバメ・・・D6予約した »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元ブラブラでアオサギ | トップページ | 地元ブラブラでチョウゲンボウにヒメアマツバメ・・・D6予約した »