« カワセミ Z6と500㎜f5.6+TC17Ⅱで撮影 | トップページ | サギ2種 »

2020年8月15日 (土)

大型猛禽の手持ち撮影   過去の画像

 夏バテでしんどく撮影休み。外に出るのは朝の数時間、後はクーラーの効いた部屋でボケっとして、寝る時もクーラーを朝まで入れっぱなし。これでは体調が悪くなっても仕方ないが、熱中症で倒れるよりは良い。

某サイトにキヤノンR5の記事で”魔法のように合唱する画期的なAF”と掲載されていたが、魔法を使える人(撮影が上手い人と理解)には画期的なAFかもしれない。下手が使っても他のカメラよりAFが素早く正確に合うなら良いが、所詮下手は下手(使いこなせない)で大して違わなければ買う価値は無い。自分の腕でどこまで撮れるか使ってみないと分からないが、R5:約45万円にR6:約30万円で、レンズ代がプラスされるとホンマに価値があるかどうか、自分で使わないと分からないのでは高すぎる。バッチリ撮れた画像を比較したら同じ価格帯のカメラと大して違いが無いのではないかいな。ニコン機ならレンズがあるのでD6を止めて直ぐに買うが、レンズを持っていないキャノンではニコンから同等のAF性能のAPS-C機を出してくれるのを待つしかない。 
 

風景撮影と鳥撮影が半々になった頃、撮影距離の遠い大型猛禽オオワシの撮影は大砲に限ると思っていた。通っている内に近くを飛ぶこともあるのが分かり、手持機材でも十分撮れると認識が変わった。最近は大砲が重く且つ遠くを撮っても綺麗に撮れず、近く狙いで手持で行くことが多い。手持レンズに以前は80-400㎜ズームを使用していたが、手持で十分撮れると認識が変わったのは、2013年に旧型から現行型に買い代え、AFが速くなり飛翔が上手く撮れるようになってからである。今は、80-400㎜は処分しており500㎜f5.6PFで十分な画像を得ている。一時V3と1用70-300㎜も使用したが、軽量の856として思っていたより結果が良く、手持に自信を持つのにつながった。ただ、画像に限界があり処分した。

掲載は手持撮影初期の猛禽画像
オオワシ以外にチュウヒ、クマタカ、イヌワシの手持ち画像も加えた。ミサゴ、オオタカ、ハイタカ、チョウゲンボウ等は、当時狙って行かず偶然の出会いで初撮影から手持、今も手持撮影で撮ることが多い。自分の腕の範疇ながら、最高の画像を撮って自己満足するなら大砲の三脚撮影と思うが、撮影を楽しむなら機動性のある手持だろう。


●オオワシ
2008年12月 D90と旧型80-400㎜
オオワシ初撮影は、この年の1月だったが手持で撮れないかとサブに手持機材を持って行き試しに撮った。飛翔を無理と思い追う気にはならず撮っていない。
01081229d9080400

2010年12月 D300と28-300㎜
コハクチョウ狙いでサブに持って行った高倍率ズームでの撮影
02101219d700028300

2011年2月 D7000と旧型80-400㎜
コハクチョウ狙いで湖岸で撮っている時にオオワシ登場、モヤっていてまともに撮れず。
ノートリ
03110206d700080400

2013年11月
D800Eと現行80-400㎜、この組み合わせは良かった
04131123d800e80400f

2013年12月 D800Eと80-400㎜+TC14
フルサイズ機で時々TCを使用したが、飛翔ではTC無しでトリミングの拡大の方が画像は綺麗だった。
最近、ミラーレスのZ6では認識が少し変わりつつありチェック継続。
05131205d800e80400tc14

2013年12月 D800Eと80-400㎜+TC14
TC不要の距離、画像が少しボケる
061312091d800e80400tc14

2013年12月 D800Eと80-400㎜
距離が近かったのでTCを使用していたらはみ出して上手く撮れなかったと思う。
このシーズンは何度か手持オンリーで撮った。カメラはD800Eが良かった。
071312092d800e80400

2014年1月7日 D800Eと80-400㎜
08140107d800e80400

2014年2月19日  D800Eと80-400㎜
09140219d800e80400

2014年2月20日  D800Eと80-400㎜
10140220d800e80400

2014年2月24日  D7000と80-400㎜
帰る時に振り返って撮ったノートリ画像。帰ろうと駐車場に向かって歩いている時に飛ばれたことも有り、一眼レフのサブカメラを何度か持って行った。
11140224d700080400

2014年11月28日  V3と1用70-300㎜
ミニ856でオオワシを初めて撮った日、以後もサブカメラとして持って行き何度も撮っている。
このシーズン以降は手持が多くなったが、昨シーズンは手持ちの方が多かったかな?
12141128v370300


●チュウヒ
2013年7月9日  D800Eと80-400㎜
チュウヒも初撮影は手持だったがロクヨンを買ってからは、様子見でちょっと立ち寄る以外は三脚撮影が多かった。日差しの関係で綺麗に撮れなかった。
13130709d800e80400


●クマタカ
この地のクマタカは、距離が遠くて何で撮っても大した違いが無い。サブにV3と1用70-300㎜を持って行き手持で撮ったがマズマズの結果だった。
撮影は全て2014年10月
141410v370300

15v370300

16v370300

17v370300

18v370300

19v370300

V3と500㎜f5.6+TC17Ⅱで撮った塗り絵画像
20v3500tc17

21v3500tc17


●イヌワシ
この鳥はドライブウエイ料金が余分にかかるので確実な三脚撮影が良い。
サブで持って行ったV3と1用70-300㎜での画像。近くを飛んだ時に手持で撮りたいが(間違いなく撮れると思う)、チャンスが滅多になく失敗を考えれば手持で撮らないだろう。
2015年9月28日 
222015928v370300

2015年10月8日 手持で場所移動し撮った。
2320151008v370300

2420151008v370300

|

« カワセミ Z6と500㎜f5.6+TC17Ⅱで撮影 | トップページ | サギ2種 »

猛禽色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ Z6と500㎜f5.6+TC17Ⅱで撮影 | トップページ | サギ2種 »