« Z6と300㎜f4PF+TC17Ⅱのチェック継続 | トップページ | 今日はZ50と300㎜f4PF+TC14Ⅲ »

2020年8月25日 (火)

所有カメラの総ショット数

 各カメラのショット数を調べた。

5月から6月半ばまでは、チョウゲンボウ撮影でD500、D5をかなり使用した。D5は、4年少々の115,549ショットで下取りに出した。手持撮影が多く、重いカメラを持ち出す日が少ないのは当然だろう。D6も同様だが、ロクヨンを処分したので使用機会は更に減りそう。ステータスとしての所有で自己満足で終わるかな、一桁機を使用しなくても鳥は撮れる。所詮、AFが進化したD6を使っても、撮影条件次第で良かったり悪かったりで、歩留まりが違うだけと思う。α9ⅡやR5でも同様と思う。動く被写体に向けてシャッターを押すだけで綺麗に撮れれば、今日は綺麗に撮るぞとの意気込み(たまにだが)で撮影に出る楽しみがなくなる。
これからの手持は、Z6、Z50の使用機会を増やすつもり。AFはD500やD850より劣るが、トリミングで拡大した時の画像劣化がマシ。オオワシやミサゴなど狙いの鳥は、飛翔撮影のAF信頼性でまだまだ一眼レフが良いだろう。画像の色などは、ニコンの画像を見慣れており、良いように思うので、今後のニコンのミラーレス機に期待する。ミラーレスに魅力を感じるのは軽いだけのことで、一眼レフでも現状機より軽量になれば良いが無理なのかな。

Shot_20200824163901 

|

« Z6と300㎜f4PF+TC17Ⅱのチェック継続 | トップページ | 今日はZ50と300㎜f4PF+TC14Ⅲ »

機材レリーズ数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z6と300㎜f4PF+TC17Ⅱのチェック継続 | トップページ | 今日はZ50と300㎜f4PF+TC14Ⅲ »