« ミサゴ撮影でのD6への期待 漁の瞬間飛び込む時の連写 | トップページ | アマサギ »

2020年8月26日 (水)

カワセミ撮影でのD6への期待 より速くより確実に水際をとる

 カワセミ撮影では、AFの速さと確実性に期待している。魚を捕るため水に飛び込み出てくるところから数枚の連写をしたい。深く潜れば撮影は比較的容易で今までに何度も撮っているが、最近は潜らずに直ぐに飛び上がることが多い。この場合、ほとんどが水面から飛び上ってからの画像になる。魚に狙いを付けて飛び急降下するところから狙えば良いのだが、振り過ぎ肝心の水際が撮れないことが多い。水面の飛び込みそうなところを想定しピントを置いておいて、カワセミが降下してファインダーに入ったら、少し振ってシャッターを押すのが良い。動体視力と反射神経が必要で難しい。これまで何度も水際を撮っているが、ほとんど潜った時である。


V3と1用70-300㎜の手持ちで撮った水際  2018年1月
ハッキリと覚えていないが、60コマ/秒と30コマ/秒で狙った時で、多分30コマ/秒での画像と思う。

トリミングで2倍に拡大
01dsc_1680_20200826162001 02dsc_1681_20200826162001 03dsc_1682_20200826162001 04dsc_1683_20200826162001 05dsc_1684_20200826162001 06dsc_1685_20200826162001 07dsc_1686_20200826162001 08dsc_1687_20200826162001 09dsc_1688_20200826162001 10dsc_1689_20200826162001 11dsc_1690_20200826162101 12dsc_1691_20200826162101



トリミングで2.4倍に拡大

21dsc_2266 22dsc_2267 23dsc_2268 24dsc_2269 25dsc_2270 26dsc_2271 27dsc_2272 28dsc_2273 29dsc_2274 30dsc_2275 31dsc_2276 32dsc_2277

 

|

« ミサゴ撮影でのD6への期待 漁の瞬間飛び込む時の連写 | トップページ | アマサギ »

連写記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミサゴ撮影でのD6への期待 漁の瞬間飛び込む時の連写 | トップページ | アマサギ »