« D6のAFは、開放f5.6レンズではかなり進化している | トップページ | D6とD5の画像 参考程度の比較 »

2020年9月15日 (火)

D6の第2戦はタカの渡り

 車の運転を兼ねて滋賀のお山に行ったが、ポツポツ飛んできたものの高すぎてまともに撮れずで完敗。
500㎜f5.6PFにTC14Ⅲを装着したが、空抜けだったがピントがひんぱん外れ意外だった。高くて鳥が小さかったが空抜けなら大丈夫と思っていたが、小さすぎるとアカンのかな? 途中で一度TCを外したが更に小さくなり話にならず。三脚を使用したが鳥を見つけた時は頭上を飛んでおり、慌てて三脚から外し手持で撮ることが多かった。今日の距離ではロクヨンでも無理、頭上の撮影は軽量の500㎜f5.6PFだったので手持でも十分撮れマシだったと思う。
サシバ、ハチクマ、ノスリ、ミサゴ、トビが飛んだと思う。

尚、電池は1200枚撮影で残容量59%(旧型のEN-EL18)

  
鳥は全て1200pixel等倍に拡大

20091501

20091502

20091503

20091504

20091505

20091506

20091507

20091508

20091509


虫は全てTC装着の700㎜手持撮影
暇だったのでかなり撮った。
20091510

20091511

20091512

20091513

20091514

20091515

20091516

20091517



撮影機材:D6、500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ(無し)、三脚撮影(手持撮影)
撮影枚数:417枚
移動:車  天気:晴れ後時々曇り
撮影経費:300円(入村料)

|

« D6のAFは、開放f5.6レンズではかなり進化している | トップページ | D6とD5の画像 参考程度の比較 »

猛禽色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« D6のAFは、開放f5.6レンズではかなり進化している | トップページ | D6とD5の画像 参考程度の比較 »