« 明け方の月をD850と500㎜f5.6PFで手持撮影 | トップページ | 4500万画素機の魅力 »

2020年9月 8日 (火)

車運転の日、暑さを逃れて滋賀のお山へ

 天気予報では今日も暑そうだったので、滋賀のお山へひとっ走りした。8時半頃着で12時頃まで居たが、曇り空ということも有り期待通り涼しかった。狙いは、タカの渡りと運が良ければクマタカ飛翔、共にさっぱりで1時半頃に京都に戻ったが、車から下りて暑さにうんざりしたのは言うまでもない。
渡りか居つきか知らないがサシバが一度飛んだのと、羽がボロボロのノスリらしきのが飛んだのみ。車を走らせるのが目的で行く所も思い浮かばず、この地の渡り撮影は早いと思っていたので早めに引き上げた。来週頃から何回か行くつもりだが、元々渡りのコースから外れている場所のようであまり期待はしていない。3年連続の4回目と思うが、近い距離でハチクマでも撮れれば良い。
レンズはロクヨン処分で500㎜f5.6PF(猛禽相手ではこれしかない)、カメラはZ6のTC装着、D500、D850で迷ったが、どうせあまり飛ばないだろうと思い、フィールドチェックも兼ねてD850の手持とした。D850は鳥撮影で使うのを控えるつもりだったが、今年のオオワシにD6が間に合わない可能性が高く、D850も使わないと仕方無いかと思っている。それまでに何度か使って、AFがまたおかしくならないのをチェックしておく必要がある。4500万の高画素機、フルサイズの画角で追ってトリミングでAPS-C機並みの大きさが得られるので、近くを飛んだ時にもハミ出しが少なく扱いやすいのだが、肝心な時に昨年9月のこの地からのAF不具合が出ないか気になる。ピント調整で正常に戻っていると思っているが・・・

  
サシバ
20090801

20090802

20090803

多分ノスリと思う。遠すぎて撮影にならず。
20090804

イソヒヨドリ♂
20090805

20090806

久しぶりのヤマガラ
場所を変えての撮影、昔はよく撮ったが最近出会う機会が少ない。
20090807

20090808

20090809

20090810

トンボ
20090811

あまり見かけないヘリが飛んでいた。
20090812



撮影機材:D850、500㎜f5.6PF、手持撮影  撮影枚数:140枚
移動:車 天気:現地は曇り
撮影経費:300円(入村料)

|

« 明け方の月をD850と500㎜f5.6PFで手持撮影 | トップページ | 4500万画素機の魅力 »

野鳥色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明け方の月をD850と500㎜f5.6PFで手持撮影 | トップページ | 4500万画素機の魅力 »