« Z50とZ DX50-250㎜で月を撮る | トップページ | Z50を鳥の飛翔で使いこなそうと思うが・・・難しい »

2020年9月 4日 (金)

AF-S DX55-300㎜f4.5-5.6GフィールドチェックⅡ 野鳥撮影

 ブラブラ歩きでカワセミポイントまで行ったが、到着が遅くカワセミは姿を消した後、1時間近く待っていたが雨が降り出し9時頃に地下鉄で帰った。Z50と300㎜f4PF+TC14Ⅲで30枚ほどシャッターを押したが大した画像無し。


掲載は、昨日の残り画像で鳥の手持撮影
このレンズの先端の口径は58㎜、トリミングで拡大が必要な鳥では、他の所有レンズのようにクッキリ、スッキリとは撮れないようだ。また、曇り空で少し暗かったことも有り、ISO1600でもノイズが多かった。カワセミなど小さい小鳥でトリミングが必要な時は少し苦しい。少し気になったのがVRの効きが悪く画面の揺れが少しあった。SS1/1000以上取れればブレに影響するようなものでは無いと思う。撮影距離の近い鳥なら使えると思うが、Z50とZ50-250㎜に比べると画質は落ちる。D500とZ50の違いもあるかもしれない。
中古レンズに問題は無し。大三元など高価なレンズを買うのに中古は躊躇するが、このクラスのレンズは中古が安くて良いかも。

01dsc_7223

02dsc_7249

03dsc_7251

04dsc_7252

05dsc_7253

06dsc_7256_20200903201901

07dsc_7262

08dsc_7271

09dsc_7282

10dsc_7286

11dsc_7401

12dsc_7401

13dsc_7406

14dsc_7415

15dsc_7421

16dsc_7434

17dsc_7293

18dsc_7352

19dsc_7357

20dsc_7360

21dsc_7368

22dsc_7381

|

« Z50とZ DX50-250㎜で月を撮る | トップページ | Z50を鳥の飛翔で使いこなそうと思うが・・・難しい »

撮影機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z50とZ DX50-250㎜で月を撮る | トップページ | Z50を鳥の飛翔で使いこなそうと思うが・・・難しい »