« Z50、1500mmf11の手持撮影 | トップページ | 中秋の名月 »

2020年10月 1日 (木)

滋賀のお山で機材チェック

 車運転の日、湖北でZ6と1000㎜f11(500㎜f5.6PF+TC20Ⅲ)手持の遠い鳥の飛翔チェックを考えていたが、D6とTC14Ⅲのチェックもやろうと思いリュックに入れた。湖西道路を北上したが途中で気が変わり、タカの渡り撮影の最終日にするかで山に上った。天気がもう一つで周囲の雰囲気が少しモヤっとしていてもう一つ、日が差せば更に悪くなった。トビでも飛べばと思っていたがあまり飛ばずで期待外れ、渡りはハチクマ、ノスリ、ちっこいのが飛んだが見たのは数羽でもう一つ。10時半過ぎに谷の下の方をクマタカが飛んだので、渡りは止めてクマタカ登場を期待して待ったが、雨が降り出し12時頃に諦めて引き上げた。

尚、今日のカメラマンは自分だけ、タカを見つけるのに苦労した。何人か居れば誰かが見つける。


●Z6と500㎜f5.6+TC20Ⅲ
手持ではピントが合ってもブレで直ぐに外れ、まともに連写出来ない。連写で追うには手持は無理、三脚を使用すれば撮れるかも知れないが、遠い猛禽はオオワシで実績のあるTC14Ⅲが無難かな。

ノートリ
20100101

1200pixel等倍 連写したら1枚だけ撮れていた
20100102tobai

1200pixel等倍 何かを咥えているが栗かな?
20100103

1200pixel等倍 ツミかな?
20100104tobai

 

●D6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ
最初にTC20Ⅲを着けて人工物にピントを合わせたが、5、6回シャッターを押し直して1回合う程度で止まりものでも使えない。
TC14Ⅲも人工物や山なら遠くても直ぐにピントは合うが、遠くの飛びものはピントが合ってもブレで直ぐに外れる。三脚を使用しないと歩留まりは悪いようだ。遠い被写体の手持撮影でD6のAFの良さを活かすなら、開放f5.6レンズを使用する必要があるようだ。腕力があれば良いが年齢的に無理。

1200pixel等倍
20100105tobai

1200pixel等倍
20100106tobai

3倍に拡大
201001073bai

3倍に拡大
201001083bai 

201001084bai

2倍に拡大
201001102bai

1200pixel等倍
20100109tobai

彼方のクマタカ・ボケボケ画像 3倍に拡大
D5と600㎜f4+TC14Ⅲの三脚撮影でもまともに撮れなかった距離、手持では無理で当然
201001113bai

201001123bai

  
撮影機材:Z6、500㎜f5.6PF+TC20Ⅲ、手持撮影      216枚
     D6、500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ(無し)、手持撮影  159枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ後小雨
撮影経費:300円(入村料)

|

« Z50、1500mmf11の手持撮影 | トップページ | 中秋の名月 »

機材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Z50、1500mmf11の手持撮影 | トップページ | 中秋の名月 »