« 久しぶりのササゴイ飛翔の連写 | トップページ | 撮影休み 10/14のカワセミ »

2020年10月17日 (土)

昨日のカワセミ

 雨で撮影休み

昨日のカワセミ、カワセミ撮影歴15年になるが最近は以前ほど気合が入らず。散歩の人から綺麗な鳥と言う声が聞こえるが、サービスが悪くて飽きてきた。この時期は近場で特に撮りたい鳥がおらず行く所が無いので通っているが、地元のカワセミは世代が変わらないと昔のようなサービスが期待できない。
気合が入らないと画像も悪いが腕が落ちた~?・・・昔からか

01dsc_7687

02dsc_7713

03dsc_7722

04dsc_7723_20201017132001

05dsc_7725

06dsc_7743

07dsc_7746

08dsc_7751

09dsc_7752

10dsc_7757

11dsc_7860

12dsc_7864

13dsc_7865

14dsc_7914

15dsc_7915

16dsc_7916

17dsc_7917

18dsc_7923

19dsc_7926

20dsc_7930

21dsc_7932

23dsc_7943 

|

« 久しぶりのササゴイ飛翔の連写 | トップページ | 撮影休み 10/14のカワセミ »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、清水と申します。

最近、カワセミ撮影をはじめまして、af設定のやり方が
わからず、検索していると、
「四季に遊ぶ 撮影日記Ⅱ」の撮影機材のページにたどり着きました。
とても綺麗なカワセミの画像があって感動しました。

しかも、山科なんですね。30年前に御陵に住んでました。

現在は神戸市在住で近くでカワセミを発見して撮影をはじめましたが、
知人で撮影してる人もおらずに撮影しているのですが、
afの設定がいまだに決まりません。

最初は、25点で撮影していたのですが、
ネットでみると、グループが良いとか、オートエリア、一点など、
どれが良いのか悩んでいます。これだけの綺麗な写真を
撮影されておられる方にご教示いただけると幸いです。

自分は、NikonD5,D850,D500とZ6で、撮影しています。
焦点距離は400mm f2.8 でテレコン1.4か2.0を使用してます。

今までカワセミのように、とても小さく、すばしっこい
対象がはじめてで、とても難しいです。

afはやはり、小さすぎると追いかけるのが難しいのかな?
と思いテレコンをいれると今度はファインダーで
追うのがとても難しいです。

とうすればこのような写真を撮れるようになるでしょうか?

もしよければ是非アドバイスお願いいたします。

投稿: 清水 | 2020年10月18日 (日) 14時08分

清水さん こんにちわ

私の経験上の話ですので、人によって違うかもしれません。

AF設定のオートエリアはカワセミでは使いもにならず、AF-C1点はよほど上手な人でないと連写の歩留まりが悪い、グループは一時期試したことがありますがバックの草の多い所では歩留まりが悪く直ぐに止めました。25点ぐらいが良いと思います。
モードM、中央1点測光、ISO固定で暗さによってISOを頻繁に変えています。ISOオートが良いという人もいますが、連写の場合は固定にした方が結果は良いです。
撮影距離によりますが、私は450~600mmぐらいまでが撮りやすいと思いますので、400㎜f2.8ならD500でTC無し、D5ならTC14使用が良いのではないでしょうか。
後は撮影場所が重要で、バックや周囲がゴジャゴジャしたところでは所詮上手く撮れません。以前は撮りやすい場所でサービスしてくれたので、当時のカメラでも今よりは上手く撮れましたが、今の場所はダメです。手持でカワセミの後を追いかけて、撮りやすい場所でカワセミが活動していないか調べる必要もあると思います。
経験ではカワセミを綺麗に撮れるのは冬場、この時期の快晴の日はテカって綺麗な色が出ないことが多いです。

撮影条件を色々変えてショット数を増やし、試行錯誤で自分に合った設定を覚えるとともに、集中力を高めるしかないです。

投稿: 管理人 | 2020年10月18日 (日) 17時43分

管理人 さん


とても有用な情報ありがとうございます。

----------------------------

>清水さん こんにちわ
>
>私の経験上の話ですので、人によって違うかもしれません。
>
>AF設定のオートエリアはカワセミでは使いもにならず、AF-C1点はよほど上手な人でないと連写の歩留まりが悪い、グループは一時期試したことがありますがバックの草の多い所では歩留まりが悪く直ぐに止めました。25点ぐらいが良いと思います。

ありがとうございます。25点でひたすら練習します。

>モードM、中央1点測光、ISO固定で暗さによってISOを頻繁に変えています。ISOオートが良いという人もいますが、連写の場合は固定にした方が結果は良いです。

isoオートにしておりました。確かに連写時に日陰との混在時に露出が不安定でした。
ただ、枝等にとまった時にシャッタースピードを下げてiso落としたいときに両方を手動でするのでしょうか?それとも、どちらかに絞って(静止か動体)撮影する方がよいのでしょうか?

>撮影距離によりますが、私は450~600mmぐらいまでが撮りやすいと思いますので、400㎜f2.8ならD500でTC無し、D5ならTC14使用が良いのではないでしょうか。

テレコンを入れるとフォーカスの遅延が発生するとよく言われていますが、f2.8から
テレコン1.4で、f4.0、テレコン2.0で、f5.6なのでafの迷いがあまり無いf値と
思うのですが、やはりテレコンを装着すればaf追従は難しいのでしょうか?
ただ単に私の腕が無いだけでしょうか?

>後は撮影場所が重要で、バックや周囲がゴジャゴジャしたところでは所詮上手く撮れません。以前は撮りやすい場所でサービスしてくれたので、当時のカメラでも今よりは上手く撮れましたが、今の場所はダメです。手持でカワセミの後を追いかけて、撮りやすい場所でカワセミが活動していないか調べる必要もあると思います。

管理人さんのサイトをみて、AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VRが魅力的に思えて来ました。600mm f4、500mm f4、500mm f5.6、手持ちなら確実に500mm f5.6だと思うのですが、カワセミを撮影するなら600mm f4、500mmのどちらがよいですか?
現在の400mm f2.8にテレコンでもあまり変わらないのですか?
質問ばかりで申し訳ございません。

>経験ではカワセミを綺麗に撮れるのは冬場、この時期の快晴の日はテカって綺麗な色が出ないことが多いです。

そうなんですか。ありがとうございます。

>
>撮影条件を色々変えてショット数を増やし、試行錯誤で自分に合った設定を覚えるとともに、集中力を高めるしかないです。

がんばります。これからブログを常に拝見させていただきます。

いつか京都に行ったときにご一緒したいです。

本当にご返信ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

清水

投稿: 清水 | 2020年10月18日 (日) 18時27分

清水さん

AFの点数ですが、D5とD850は9点がありますので、25点でピントが周囲に取られる場合は、9点が良いと思います。

止まりものと飛びもののISOですが、今は手持が主体なのでSS1/1600、2000ぐらいになるようf開放でISOで変えています。基本的にはISOは小さいほど画像が良いので、止まりものならSSを遅くしてISOを下げるのが良いと思いますが、飛び出しに備えて大概はISOのみを変えています。

TC装着に関しては400㎜f2.8を使ったことが無いので分かりません。過去に使っていた300㎜f2.8では、TC14Ⅲはそれほど差を感じず、TC17Ⅱは多少遅くなる、TC20Ⅲは食いつきがかなり悪くなるという感じでした。快晴の日ならあまり差を感じないかも知れませんが、曇り空ならハッキリと差が出ます。
旧500㎜f4と現行600㎜f4も過去に使っていましたが、旧500㎜f4ではTCはダメ(現行型は知らず)、現600㎜f4はTC14Ⅲならあまり変わらず、TC17Ⅱは多少悪くなる程度、TC20Ⅲは使わず。ただ、いずれも撮影距離の遠い猛禽の話で、カワセミでは試用した程度です。TC17Ⅱ、TC20Ⅲは、距離が近いと画像はあまり悪くならないですが、遠いと画像が悪くなり、無しでトリミングで大きくした方が綺麗。尚、500㎜f4はカワセミでもかなり使いましたが、600㎜f4は撮影距離が20mぐらいになると追い難いのと三脚が必要で、カワセミでは購入時にしばらく使っただけで猛禽用、500㎜f5.6PFを購入してからは時々使っただけで、最近では猛禽も500㎜f5.6で撮るようになり売却してD6を購入しました。担いで歩くのが苦にならないなら、600㎜f4は良いレンズと思います。

投稿: 管理人 | 2020年10月18日 (日) 19時21分

管理人さん

早々のご返信ありがとうございます。

わかりやすく丁寧にご教示いただきまして感謝してます。

TCは曇り空は食いつきが悪くなるのですか。
今、カワセミがいるフィールドが山と山の谷のような
場所でして昼の3時にもなると陽があたらず曇りになります。
このような場所ではTCを装着せずにD500か
TC14装着でD5かどちらがよいのでしょうか?

管理人さんのブログをみているとD6のAFがかなり良いと
言われておられますが、やはり全測距点クロスセンサーの
恩恵ですか?うらやましい限りです。
私の場合は、D6でもD5でもどちらも、使いこなせるレベル
にありません。

最近、いつも表れていた場所にカワセミがエサ取りをせず、
通過ばかりなのですが、寒くなってきて違う場所でエサ取りを
しているのでしょうか。

最後に照準器は使った方がよいのですか?

現在の撮影スタイルはずっと同じ場所で待ってるのみなんですが、
カワセミを追いかけると管理人さんは言われてますが、
追いかけてみつけるのは至難の業ですよね。
ほんとうにすごいです。

まだ、ブログを読み始めたとこなのですが、
とても興味深い内容が多々ありまして
とても楽しくみさせていただいております。

体調がすぐれないような書き込みがありましたが、
最近はとても冷え込みますので色々とお気を付けください。

こんな初心者に本当にありがとうございます。

それでは失礼いたします。

清水

投稿: 清水 | 2020年10月18日 (日) 20時04分

清水さん

曇り空でTCを使用すれば食いつきが悪くなるのは、暗いからでTC無しでも悪くなります。

D5にTC14Ⅲ使用とD500の比較ですが、600㎜f4の経験上では、あまり変わらなかったように思います? 400mmf2.8ならTC装着でもf4なので、D5とTC14の方が良いのではと思います。
撮影距離が20mぐらいまでならD850も良いですよ。追いやすいフルサイズの画角で追い、トリミングでD500並みの大きさの画像を得る。高画素機で鳥を撮る場合、画質がどうこうよりトリミングでの拡大が大きなメリットと思います。所有のD850は2度落としてから少し精度が悪く、最近出番を少なくしていますが、以前はかなり使用しました。

照準器は10年ほど前に使いましたが、使いこなせずで止めました。遠い猛禽の飛翔でファインダーから外れた場合に、探すには役に立つとは思いますが、短時間勝負のカワセミではどうかなと思います。カワセミを照準器だけで追う人もいるようですが、よほど慣れないと難しいと思います。

投稿: 管理人 | 2020年10月19日 (月) 07時38分

管理人さん

ご返信ありがとうござます。

お陰様でもやもやしていた部分が解消できました。
あとは、フィールドにて実践し経験するしかなさそうです。

カワセミの動きを、まだ予見できないので、
しばらくは、画角の広い、D850で撮影しようと思いました。

AFは、D5とD850とD500となら、やはりD5が一番いいのですか?
カタログ等には、同じAFセンサー搭載と謳っているので
3機種変わらないのか疑問でした。

トップ画像いいですね。
これからもブロブ更新お願いします。

投稿: 清水 | 2020年10月19日 (月) 13時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久しぶりのササゴイ飛翔の連写 | トップページ | 撮影休み 10/14のカワセミ »