« 地元ブラブラでカワセミ | トップページ | 月 7000㎜相当の画像 »

2020年10月 6日 (火)

湖北 ノビタキと蕎麦の花

 野鳥センターの鳥情報にマガン飛来と掲載されていたので、Z50と500㎜f5.6+TC20Ⅲの実践を兼ねて湖北へひとっ走り。
ヒシクイは9羽ほどいたがマガンの姿無し。マガンは毎年あまり撮れていないので撮りたかったが、ヒシクイはオオワシシーズンに行けばなんぼでも撮れるので、多少撮って終了。現地の知り合いのカメラマンさんのブログに、ノビタキと蕎麦の花の掲載があったのでそちらを探しに行った。これまでに湖北でノビタキを何度か撮っているが、センター近くの枯れた畑ばかりで蕎麦畑があるのは知らなかった。山の麓から道の駅に向かったので蕎麦畑は直ぐに分かったが、かなり広さの畑で蕎麦の花が一面に咲いており、田んぼと思っていた場所が蕎麦畑だったので驚いた。これまでにノビタキと花では、ヒガンバナ(赤)にセイタカアワダチソウ(黄)は撮っているが蕎麦の白は初めて。
1500㎜11の撮影は、止まりものは多少シャープさに欠けたがマズマズ、トビなどで飛翔を撮ったがもう一つだった。


ノビタキ
畑の花の中の撮影は距離が遠く1500㎜での撮影で正解だった。花の上の飛びものも狙ったが全く捉えられず、TCを外してやったファインダーに収まったが距離が遠いこともあり、花にピントが取られ全く合わず。飛翔を撮ろうと思えばD6が必要、ただし撮れたノビタキは小さすぎて話にならないだろう。

日差しが悪くIS0(1000)~1600~2500での撮影
20100601

20100602

20100603

20100604

20100605

20100606

20100607

20100608

20100609

20100610

1羽だけ電線に止まるのがおり、コヤツはかなり近づいても逃げなかった。他は、舗装された農道近くに止まるが、近づくと直ぐに畑の遠い場所に逃げよった。
電線止まり1200pixel等倍
20100612tobai 

同上
20100613tobai

TCを外すと日が差していたこともあり、そこそこシャープに撮れた。
20100614tcnashi


ヒシクイ
着いて直ぐに湖岸に行ったが曇り空で条件が悪かった。
20100615

20100618

岸から少し離れた中州、1200pixel等倍に拡大しているが流石1500㎜というところ
20100616

ノビタキ撮影後、日が差していた
20100617


ミサゴが飛んだが遠すぎてまともに撮れず
20100619

20100620


オマケでセンター前のポール 1200pixel等倍
オオワシの止まりものをかなり大きく出来そう。この冬は、サブにZ50とTC20Ⅲも持って行く、500㎜f5.6がもう一本あれば良いのだが買えん!
今日は手持だったが、オオワシ本番は三脚を使うので多少マシに撮れるだろう。
20100621



撮影機材:Z50、500㎜f5.6PF+TC20Ⅲ(無)、手持  撮影枚数:404枚
移動:車、現地歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円
歩数:5303歩  歩行距離:3181m

 

|

« 地元ブラブラでカワセミ | トップページ | 月 7000㎜相当の画像 »

野鳥色々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元ブラブラでカワセミ | トップページ | 月 7000㎜相当の画像 »