« カワセミ 良い日の次の日は悪い | トップページ | 撮影休み 11/3のチョウゲンボウ »

2020年11月 7日 (土)

撮影休み 11/5のカワセミ

 今にも雨が降りそうな空模様が続き撮影休み

Z6Ⅱが発売されたが、ファインダーがどの程度改善されたかヨドバシに見に行こう。Z6は、AFが物足らないが猛禽では問題は無く何とかカワセミも撮れる。気になっているのが高速連写拡張でのファインダー内の鳥の動きに馴染めないこと、撮れた画像は全く問題ない。Z6をもうしばらく使ってミラーレス次期機と思っていたが、D6タイプで大きくなるような話が出ているので、重くて持ち出し回数が減るのは確実だろう。ミラーレスは、f8開放レンズでもf5.6開放レンズのAFの性能を保持するようなので、500㎜f5.6で撮るには魅力がある。また、晴天時の暗い日陰を一眼レフで追いかけると暗くて直ぐに見逃すが、ミラーレスのEVFは設定した露出の明るさなので良く見える。
Z6からの買い替えは、Z6Ⅱならあまり変化を期待できず魅力が無いのでZ7Ⅱとなる。トリミングでの拡大を考えれば単純計算√(4500/2400)でZ6Ⅱの1.37倍の画像が得られ、500㎜+TC14で959㎜相当の画像となる。D5と600㎜f4+TC14Ⅲで850㎜だったので、それ以上の焦点距離が得られ、何よりも手持で撮れるのが良い。2倍テレコンでも、そこそこ撮れれば更に魅力的だが、先日湖北でZ6と500㎜f5.6+TC20Ⅲを手持で試した時は、歩留まりは悪かったが何とか撮れ、三脚を使用すれば歩留まりは良くなると思っている。1000㎜で撮り1200pixelで切り取れば、6880㎜相当となる。APS-C機のZ50と1000㎜なら1500㎜で撮れるが、性能的にまだまだアカンと思っている。ブレも1000㎜で撮って拡大する方がマシだろう。
使用用途は特にオオワシ、飛来すればまずはD6を使用して、大きく仕上げられない時に真剣に購入を考える。購入の前にD850と500㎜f5.6+TC14ⅢのAF-C1点でどこまで撮れるかの検証も必要、オオワシ相手で試したことはあるが直ぐにTCを外したと思う。撮れればZ7Ⅱは不要だ。
約35万円、Z6の下取りは良くて10万円?、D500を出しても20万円は必要か・・・


11/5にD850と500㎜f5.6で撮影したカワセミの残り画像を掲載

01dsc_4925

02dsc_4928

03dsc_5028

04dsc_5030

05dsc_5033

06dsc_5034

07dsc_5035

08dsc_5036

09dsc_5037

10dsc_5038

11dsc_5044

12dsc_5046

13dsc_5059

14dsc_5060

15dsc_5061

16dsc_5067

17dsc_5095

18dsc_5136 

  

 

|

« カワセミ 良い日の次の日は悪い | トップページ | 撮影休み 11/3のチョウゲンボウ »

カワセミ2018.09-20」カテゴリの記事

コメント

管理人さん

相変わらず、いい写真ですね。さすがです。

Z6Ⅱ気になりますね。
私もz6を、星空等に使用していますが、
今回の連写能力はミラーレスの中では、最強かなと思います。
もちろん、Nikonで言う、サイレント撮影(電子シャッター)ではなく、
メカニカルシャッターを切った時です。
ローリング現象も出ないですし、自分はタイムラプス等の
風景以外はメカニカルシャッター推奨派です。

z7Ⅱも確かに魅力的ですが、自分は連写能力を鑑みて
z6Ⅱを購入予定になりました。
管理人さんのブログを見て、z7Ⅱを購入する可能性はありますが、、、

私の場合は、ミラーレスの中では、最新機能を試したい気持ちですが、
最終的に、一眼レフをメインに使うと思います。
その中でのD6は最強と思います。

これからも、管理人さんのブログを楽しみに拝見させていただきます。

よろしくお願いいたします。

投稿: 清水 | 2020年11月 8日 (日) 00時28分

清水さん おはようございます

1年前のZ6購入は、それまで気にならなかった一眼レフのブラックアウトが気になり、ミラーレスなら大丈夫だろうと思ってのことだったのですが、思っていたようなブラックアウトフリーでは無かったのでガッカリでした。

最近、Z6を使っていて良さを見直したのは、開放f8やf11レンズでもTC使用で画像は悪くなりますが、普通にAFで撮れること。D6は開放f9.5レンズでAFに迷いが有り、開放f11レンズになるとAFでは全くフォーカスしません。TC使用で画像が悪くなりますが、500㎜f5.6+TCでは非常に魅力があります。ZのⅡで連写時のEVFの見やすさとAFのレスポンス、特にEVFがどの程度改善されているのか注目しています。鳥画像はより大きくしたいので、連続撮影枚数が大幅に増加したZ7Ⅱが良いと思っています。動体はZ6Ⅱが良いようですが、10年以上前のカメラに比べればZ7Ⅱでも大丈夫でしょう。
ローリング現象とやらの画像歪は、気になったことが無いです。

尚、一眼レフのブラックアウトは、意識しだすと気になりますが、最近は気にならなくなりました。

投稿: 管理人 | 2020年11月 8日 (日) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ 良い日の次の日は悪い | トップページ | 撮影休み 11/3のチョウゲンボウ »