« カワセミ Z6と500㎜f5.6PF+TC17Ⅱではどうか | トップページ | 撮影休み 300㎜f4+TCのピント調整を行った »

2020年11月12日 (木)

カワセミ 飛びもの連写

 ここ数日、カワセミ相手にZ6を試していたが、カワセミの出が少し良くなってきたので、真剣に撮ろうとD6と300㎜f4+TC17Ⅱ手持で飛びものを連写した。一度ピントを外すと中々合わないミラーレスZ6と違い、一眼レフは連写中にピントが外れても慎重に追えば直ぐに合うので撮りやすく、AFのレスポンスも良いので撮影中のイライラ感は出なかった。普通の明るさでのファインダーの見やすさは一眼レフが断然有利、ミラーレスのファインダーEVFの良さは、暗い場所でも露出を合わせれば明るく見えることしかなく、飛びものを追った時に画面が少し流れるようで見難い。撮影結果はもう一つで、天気が悪く暗かったことが一番の原因だが、1.7倍テレコンは古いタイプⅡで、もともと写りが悪いのではないかとの疑問もある。1.4倍と2倍はタイプⅢを所有。組み合わせでのピント調整も一度見ておいた方がよさそう。
AF設定はダイナミック9点と25点を使用したが、レンズは500㎜f5.6を使用しないとアカンかな、今日の画像ではD6が泣いている。

掲載画像は連写の抜き取り、トリミングで2.8倍に拡大

20111201 20111202 20111203 20111204 20111205 20111206 20111207


20111208 20111209 20111210 20111211 20111212 20111213 20111214 20111215


20111216 20111217 20111218 20111219


20111220 20111221 20111222 20111223 20111224

  
撮影機材:D6、300㎜f4+TC17Ⅱ、手持撮影  撮影枚数:712枚
移動:行き地下鉄、帰り歩き  天気:曇りで晴れ間も有り
撮影経費:220円
歩行数:8095歩  歩行距離:4857m

 

|

« カワセミ Z6と500㎜f5.6PF+TC17Ⅱではどうか | トップページ | 撮影休み 300㎜f4+TCのピント調整を行った »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ Z6と500㎜f5.6PF+TC17Ⅱではどうか | トップページ | 撮影休み 300㎜f4+TCのピント調整を行った »