« カワセミ Z6と500㎜f5.6PF+TC20Ⅲでの挑戦 | トップページ | カワセミ 飛びもの連写 »

2020年11月11日 (水)

カワセミ Z6と500㎜f5.6PF+TC17Ⅱではどうか

 Z6と開放f9.5の850㎜で勝負したが、やはりカワセミ動きものは追いかけられず大半が没だった。地元のカワセミ相手では撮影距離が近く850㎜では一発狙いしかないと思っていたが、一発狙いも振り遅れZ6のEVFでは素早い動きものを追うのは難しい。天気が悪く(ISO3200~6400での撮影)ファインダー越しの水面が暗く見難かったということもある。明るくなって撮れた画像もあり、動きを見逃さず上手く追えば撮れるという証にはなった。
ここ数回は、オオワシに備え焦点距離の長いレンズを使用するためTCを付け、動きの素早いカワセミ相手に開放f8レンズでのD850、f11、9.5レンズでのZ6の使い勝手を調べている。カワセミを本気で狙うならZ6では難しく一眼レフだろう。
Z6と500㎜f5.6+TC17Ⅱは、琵琶湖で距離の遠い大きな鳥でもう一度調べてみよう。TC14Ⅲは昨年にオオワシ本番で使用しており、TC20Ⅲは先日湖北で使用して感触は掴んでいる。
今日もAFはダイナミックにしたが開放f9.5でも機能をフルに発揮しているのだろうか?


掲載画像はトリミングで3倍に拡大

たまたま撮れていた動きもの
20111101

20111102

20111103

20111104

20111105

20111106

20111107

20111108

20111109

20111110

20111111

20111112

20111113

20111114

狙って撮った水際、動きものに対してEVFは見難く直ぐに見失う。
20111115

20111116


止まりもの、問題無し
着いて直ぐにカメラをリュックから取り出している時に飛びこまれた。
20111117

最初は数度2羽が姿を見せた。
20111118

ペリットを吐きだす
20111119


20111120

20111121

20111122

20111123

20111124

20111125 20111126

20111127



撮影機材:Z6、500㎜f5.6PF+TC17Ⅱ、手持撮影  撮影枚数:786枚
移動:地下鉄  天気:曇り後晴れ間広がる
撮影経費:440円(地下鉄往復)

|

« カワセミ Z6と500㎜f5.6PF+TC20Ⅲでの挑戦 | トップページ | カワセミ 飛びもの連写 »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ Z6と500㎜f5.6PF+TC20Ⅲでの挑戦 | トップページ | カワセミ 飛びもの連写 »