« 撮影休み 11/3のチョウゲンボウ | トップページ | カワセミ相手にD850と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲチェック »

2020年11月 8日 (日)

500㎜f5.6+TC14Ⅲの開放f8レンズでの撮影

 2年前に500㎜f5.6PFを買った時、直ぐにTC14Ⅲを付けてどの程度の画像か試した。カメラはD850で手持撮影、撮影条件が悪かったのか歩留まりは悪いもののそこそこ撮れたが、画像がTC無しに比べもの足りず。オオワシシーズンになり山からの発進はTC装着、山に帰ってくる時はTCを外し撮ったが、画像はTC無しでトリミングで拡大する方が良かったので、以後は500㎜f5.6にはあまりTCを使用しなかった。
昨年Z6を購入しオオワシ相手に試したが、この結果が中々良くZ6と500㎜f5.6では積極的にTC14Ⅲを使用した。Z6のAFは、一眼レフに比べ初動が遅いものの、追従も含め鳥の飛翔で十分使える、先日TC20Ⅲを装着し開放f11の1000㎜でもAFで鳥の飛翔が撮れるのには驚いた。ZのⅡは、どの程度か知らないが良くなっているようなので考える価値があるように思い始めた。Z6Ⅱよりトリミングでかなり大きく出来るZ7Ⅱに興味が有るが高すぎる。保有機材でどこまで撮れるか再検証してからの方が失敗は無いだろう。
取り敢えずは、D850と500㎜f5.6+TC14Ⅲ対Z6と500㎜f5.6+TC20Ⅲの比較となるが、D850の過去の画像を引っ張り出した。Z6の方が良ければZ7Ⅱは問題無いだろう。


画像は、一部1200pixel等倍もあるが、トリミングで3倍に拡大が大半

●2年前のD850と500㎜f5.6+TC14Ⅲ
曇り空で条件が悪すぎるものも有り
01dsc_1299

02dsc_1388
       
03dsc_2555

04dsc_2607

05dsc_7289

06dsc_7437

07dsc_7505

1200pixel等倍
08dsc_7595tobai

1200pixel等倍
09dsc_7670tobai

10dsc_7674_1

11dsc_7830

1200pixel等倍
12dsc_1102tobai 

山からの発進、この時の連写画像を見てTC装着はアカンと判断した。
13dsc_1243

14dsc_1271

15dsc_1283_20201108192001


●参考でZ6と500㎜f5.6+TC14Ⅲ
Z6はピントがキッチリ合うのを確認してから連写すれば十分撮れる。ただ、ファインダーの鳥の動きが変、1枚目以降は実際に見える像では無く、撮れた画像が次から次へと現れブラックアウトフリーに見えると聞いた・・・
1200pixel等倍
21dsc_8165tobai

1200pixel等倍
22dsc_8267tobai 

Z6の画像は、TC14Ⅲなら有無があまり関係しないように思うが、同時撮影の比較が出来ないので気のせいかもしれない。  
23dsc_8897

24dsc_8910

1200pixel等倍 
TC20装着の1000㎜でZ7Ⅱなら2倍ぐらいの大きさになるだろうが、遠い距離のオオワシを大きく撮っても陽炎で綺麗な画像は得られない、これが購入の価値があるかどうかを悩ませる。これぐらいで見るのが良いかも知れない。TC14の700㎜に抑えるなら、D850で撮れればZ7Ⅱは不要。
25dsc_8990tobai

1200pixel等倍
D6と856や600㎜f4+TC14Ⅲならもっと綺麗に撮れるだろう。
26dsc_9422tobai

 

急ぐ必要は無いが、まずD850の700㎜を再検証し、次いでZ6の1000㎜の実力を把握する。D850の700㎜で満足に撮れれば、Z7Ⅱの魅力は1000㎜でどの程度撮れるかになるのでZ6で事前検証する。
カワセミの調子がまだまだのこの時期、撮影に出てカワセミ相手にシャッターを押すだけでは面白味が無い。何か目的を持たないと・・・

|

« 撮影休み 11/3のチョウゲンボウ | トップページ | カワセミ相手にD850と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲチェック »

機材」カテゴリの記事

コメント

管理人さん

撮影休み 11/3のチョウゲンボウ 拝見しました。
遡って、シリーズを見て、撮影もドラマだなと思いました。
写真が良いので臨場感が伝わって来ますね。

野鳥歴2か月なので、チョウゲンボウを見たことも無いので
いつか見てみたいです。

さて、本日のブログ内容ですが、またまた分かりやすい解説で、
興味津々で拝読しました。
機材ネタは、周囲にNikon派が少なくとても楽しいです。
また、管理人さんと同じレンズを購入しましたので、
参考になり過ぎて最高です。

これからもよろしくお願いいたします。


投稿: 清水 | 2020年11月 9日 (月) 03時36分

清水さん

野鳥歴2ヶ月ですか、色々な鳥を撮るようになると面白さが増しますが、止まりものは大よその鳥を撮ると徐々に飽きます。留鳥のカワセミのような動きものを狙うようになると、最初は上手く撮れず意地になり没頭して続くか、諦めて興味をなくすかのどちらかと思います。近場に居るなら、交通費などの費用も不要で体の動く間は続けられると思いますので、頑張って下さい。

500㎜f5.6は三脚に取り付けて担いで移動する時、無意識に三脚座の着脱ボタンを押してレンズが外れて落ちることがあるので注意してください。一度落とし、レンズは大丈夫でしたがカメラD850が修理対応不可になりました。

投稿: 管理人 | 2020年11月 9日 (月) 12時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み 11/3のチョウゲンボウ | トップページ | カワセミ相手にD850と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲチェック »