« オオワシ2020-21ⅩⅩⅤ(3/3) ラストで昨日の飛翔色々 | トップページ | 9日ぶりのカワセミ »

2021年2月26日 (金)

オオワシ2020-21総集

 撮影休みで、2月半ばに作成開始した今シーズンのオオワシ総集を掲載する。

11月24日が今シーズンの初撮影で2月24日が最終日、北帰は2月25日だったがちょうど3か月間のシーズンだった。
3年前だったかに撮った漁の瞬間を近くで撮るが最終目標だったが、漁の瞬間は3回撮ったものの全て遠すぎ目標達成出来ずに終わる。
コロナが気になり、麓では人の少ない北側農道から撮ることが多かったが、琵琶湖からの戻りの飛翔は期待通りの進路を飛んでくれず悪戦した。来シーズンは、コロナが収まっていれば以前のように麓では正面道路から狙う。
今年の撮影日は、昨年から10回減り25回となったが(メディアを忘れ野鳥センター駐車場に到着して直ぐに帰った日はノーカウント)、天気の影響である。雨、雪は無論だが風の強すぎる日も避けた。オオワシボーズは0回、飛翔ボーズは2回で例年になく飛翔は良く見たと思う。
昨年同様オオワシ最後かと思っていたが、見た限り元気なようで来年も期待出来るだろう? 幼鳥が登場したが、こちらは次代を担うかもと期待できる。 


●撮影機材 
 初撮影の2008年は、300㎜f2.8+TCを使用したが、上手く撮れず500㎜f4をオオワシのために購入し600㎜f4とレンズをアップさせた。その間軽量機材の手持も併称したが気合を入れて撮る時は、やはりロクヨンを使用した。昨年、使い道があまりないのと体力を考えて処分し、500㎜f5.6PFをメインに初めて挑んだシーズンだった。一応満足した画像も撮れたが、やはり最高の画像と歩留まりは少し劣るかなと感じる。
カメラは、昨年D6をロクヨン処分の時に入手したが、手持では重くあまり使用しなかった。メインカメラはD850、落下トラブルで酷いピンズレが生じていたのに気づかず、昨シーズンは故障であまり使用しなかったが、昨年ピンズレに気づき調整してからは調子が良く多用した。
00kizai 


●2020年

・2020年11月24日 D850と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの手持撮影 465枚
 
 8時半頃着で14時半まで粘ったが、一度チョロっと飛んだだけでガッカリの今シーズン初陣となる。パッとしない紅葉だったが紅葉バックの飛翔が撮れたのは良かった。
Z50も持って行き500㎜f5.6PF+TC20Ⅲも試したがオオワシを撮る機会はなかった。
01201124d6500tc14   


・11月26日 D500と500㎜f5.6PF 手持撮影 491枚
 8時半から13時半まで、飛び出しからの2回と琵琶湖からの帰りの飛翔が撮れた。飛び出しは日差しの関係でもう一歩というところだったが、飛翔はそこそこの画像が撮れた。
COOLPIX A1000も試したが止まりものなら撮れた。
02201126d850500


・12月1日 D6と500㎜f5.6PFの手持撮影 973枚
 8時半から14時半までで、昼頃の短時間で3回飛びそこそこ撮れたが、獲物持ち帰りは無し。 
03201201d6500 


・12月4日 D6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの三脚撮影 757枚
 8時半から12時まで、魚持ち帰りと山の前での旋回サービス、食事後の真正面への飛び出しが撮れ満足して早めに引き上げた。
04201204d6500 


・12月7日 D850と500㎜f5.6PFの三脚/手持撮影 540枚
 飛び出し2回と水鳥(多分ハジロカイツブリ)の持ち帰りが近くで撮れ満足の日だった。獲物が鳥は撮っていて気分の良いものでは無く魚が良い。
05201207d850500


・12月9日 Z6と500㎜f5.6PF+TC20Ⅲの三脚撮影 60枚
 9時前から麓で待ったが塒から出てきたのは11時41分、3時まで待ったが飛ばず。塒から山に止まるまでの飛翔をチョロっと撮れただけに終わる。
06201209z6500tc20


・12月11日 Z50と500㎜f5.6PF+TC20Ⅲの三脚撮影 688枚
 8時半に到着、工場上の南斜面に居たが飛んできてくれるのを期待して栗畑西で待ったが、飛んでこないので10時半頃に工場裏に行ったが低い場所に止まっていた。南側小径から飛び出しを狙ったが前に出てきてくれず横に撮んだので枝被りとなる。麓正面の斜面に止まったので戻り、飛ぶのを期待して待ったが15時に諦め引き上げた。
07201211z50500tc20


・12月18日 D850と500㎜f5.6PFの手持撮影 338枚
 畑に積もった雪の上を飛ぶのを期待して行ったが雪が少なく曇り空ではもう一つ、8時から14時頃までの撮影だったが飛び出しが綺麗に撮れ飛翔も良かったので満足の撮影日となる。
08201218d850500


・12月22日 D850 500㎜f5.6PF 三脚/手持撮影 332枚
 9時過ぎから15時30分頃まで、飛んだが魚持ち帰りの飛翔は無かった。飛翔は撮れたがもう一つの日だった。
09201222d850500


・12月24日 D6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ 三脚/手持撮影 274枚
 9時20分から2時頃まで飛ばず、雨がパラツキ出したので引き上げたが、途中で振り返るとセンター方向に飛んでいたので手持で撮り、飛翔ボーズはかろうじて免れた。1時過ぎには誰もいなくなったが初めて経験だった。詳しくは知らないが幼鳥が登場した日だったからかな?10201224d6500tc14


・12月28日 Z6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの手持撮影 
 遅めの出発で着いたのは10時過ぎ、工場横のお墓の前の湖岸で待った。漁の瞬間を追ったが瞬間は魞の棒がかぶさり撮れず。山への帰りは遠かったが魚掴んでの飛翔が撮れ、山では低い場所に止まったので近くで撮れ満足した日となった。11201228z6500tc14



●2021年
・1月5日 D850と500㎜f5.6PFの手持撮影 545枚
 2021年のオオワシ初撮影は、少し南の漁港へ幼鳥の撮影に行った。南から登場し前の島までほんの数秒のシャッターチャンスだったが撮れて良かった。距離が遠かったのが残念だったが、チャンスをものに出来て満足。久しぶりにミサゴとチュウヒも連写出来た。12210106d850500


・1月14日 D6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの手持撮影 852枚
 9時半到着で10時まで麓で様子を見て湖岸に行った。歩いている途中に振り返ると飛んできたので連写して急いで湖岸に行った。トンネルからまだ向こうの山の斜面に居たが、かなり時間が経ってから飛び魚を掴んで帰ってきた。山本山の正面には戻らず、石川の集落後の低い場所に止まり食べ始めた。食事後の飛び出しまでじっくり撮り11時頃にはオオワシ終了、湖岸をブラブラ歩いて12時半頃に引き上げた。
13210114d6500tc14


・1月18日 D850と500㎜f5.6PFの手持撮影 570枚
 9時半着で着いた時に餌を食べた後でガッカリ、ブラブラした後再び麓で待ったが昼から2度飛んでくれ飛び出しからの良い連写が出来、15時前に引き上げた。
14210118d850500


・1月20日 D500と500㎜f5.6PFの手持撮影 1056枚
 9時半頃着、既に石川の斜面の木に止まっていたので湖岸で待つ。漁の瞬間が撮れたが背後からで残念。魚を掴んで取水塔に飛んだので追いかけ、山への帰りを途中で待った。運よく前で何回も旋回し山に帰って行った。12時には終了で引き上げた。15210120d500500


・1月25日 D850と500㎜f5.6PFの手持撮影 723枚
 9時半に到着、既に餌を食べた後でガッカリしたが、朝早くの食事だったのでもう一度飛ぶと待った。14時半まで待ったが2度飛んで良かったかな。
16210125d850800


・1月28日 Z6と500㎜f5.6PF+TC20Ⅲの手持撮影 808枚
 9時過ぎに到着、麓に行って止まりものを撮ってから湖岸の自分にとっては定番位置で待った。山の斜面の前に飛び場所移動をしよったが、琵琶湖には出て来ずで15時前に引き上げた。機材のチェックの日となった。
17210128z6500tc20


・2月5日 D850と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲ 手持撮影 847枚
 湖岸の定番ポイントで待った。9時45分頃に山沿いに飛び沖まで出たが引き返し集落背後の斜面に止まったが、トビに追われて12時過ぎに山に引き返しよった。14時頃に大気の雰囲気が悪くなったので引き上げた。
18210205d850500tc14  


・2月7日 Z50と300㎜f4+TC17Ⅱの手持撮影 526枚
 日曜日だったがZ50と300㎜f4+TC17Ⅱで山バックの飛翔が撮れるかどうかの検証で行った。途中、湖岸に移動したが飛ばずで早めに引き上げた。
19210207z50300tc17


・2月10日 Z6と500㎜f5.6PF+TC14Ⅲの手持撮影 886枚
 漁の瞬間と水面を飛ぶ飛翔狙いで湖岸の自分の定番ポイントで待った。浜から撮ったら面白いかと思い、道路から下りて狭い浜で近くのカモなどでチェックしている時に飛び期待通り魚を捕りよった。魚を捕る瞬間は遠すぎてボケ連発で撮れなかったが、捕ってから取水塔に飛んだので距離は遠かったが水面低くを飛ぶ姿が撮れた。食事後山に帰る時は立っていた場所の上を低空で飛んだので良い画像が撮れた。20210210z6500tc14


・2月12日 D850と500㎜f5.6PFの手持撮影 392枚
 15時まで麓で粘ったが飛ばずでガッカリして帰った。
21210212d850500


・2月16日 D500と300㎜f4+TC14Ⅲの手持撮影 1041枚
 天気予報で風が強かったので軽量機材で行った。風の強い日は良く飛ぶで場所移動も含めて5回飛んだ。センター方向から魚を持ち帰ったが曇り空ながら逆光方向で画像はアカンかった。満足して12時半頃にオオワシ終了、途中今津でザゼンソウを撮って引き上げた。22210216d500300tc14


・2月19日 D850と300㎜f4+(TC17Ⅱ)の手持撮影 641枚
 雪の照り返しを期待して行ったが撮影地の雪は僅か、天気予報で風速3mだったのでよく飛ぶと期待していたが風が弱く、オオワシもまったりしていたのでガッカリ。昼から飛んで魚を持って帰ってきたが南の斜面に向かったので撮りに行った。見やすい低い場所に居たのでTCを外し飛び出しを連写した。オオワシをフルサイズ機の300㎜で撮ったのは初めてと思うが画像は良かった。23210219d850300


・2月22日 D850と500㎜f5.6の手持撮影 723枚
 天気予報で花粉、黄砂、PM2.5の飛散すると聞いていたが、朝到着するとモヤっとして今シーズン最悪の雰囲気、おまけに晴天で最悪の撮影条件だった。昼から良くなったがオオワシも漁に出て魚を持ち帰り南斜面に止まった。工場の周囲の小径の上の斜面に止まっていたが、北側では日差しの条件が悪いので南側に行こうとしたが、何やかんやで一旦道路に出て回ることに。工場横の道路からも十分見えたのでそのまま撮ったが失敗だったかもしれない。飛び出しは周囲の枝にピントを取られボケ、空抜けは南がを飛ばれ逆光となる。南側の小径だったら飛び出しは撮れなかったかも知れないが、飛翔は順光で撮れたと思う。
24210222d850500


・2月24日 D850 500㎜f5.6PFの手持撮影 1627枚
 今年最後の撮影と思い行った。風が強く寒かったが魚を持ち帰り撮影の最後のチャンスなので待った。待った甲斐有りで持ち帰りが撮れて良かった。ただ、北側の農道で撮ったので距離が少し遠く日差しの関係も有り、画像がもう一歩だったのが残念だが撮れて良かった。食べているところが撮れるかもと思い、ソーラーパネル横の空き地に行ったが枝被り、帰りに正面道路で知人と立ち話をして駐車場向かったが、出てきたと教えてもらい振り返ると正面に登場していた。驚いたことに直ぐ琵琶湖に飛んだので、”また餌を捕るのかいな” と驚いたが琵琶湖上を旋回しただけで戻ってきた。山の前でも旋回が有り条件良く撮れたので、今シーズ最高の撮影日となり良かった~、良かった~で終了した。
今週一杯居るかと思ったが翌日の昨日に北帰した。
25210224d850500



●今シーズンのベスト3画像
今シーズンのベスト3、1枚はロクヨンにも劣らないと思うので直ぐに選べたが、残りの2枚が中々決まらず。500㎜f5.6PFでも三脚を常用すれば良い画像が得られているかもと思うが、もっと綺麗に撮ろうと思うならやはり大砲(600㎜f4、800㎜f5.6)の三脚撮影だろう。まあ、今シーズンの画像でも我慢するが、来シーズンはD6での三脚撮影を増やそう。

今の機材なら完璧と思う
012020

もう少し近づいた時にピントが合っていればと思うが、近すぎるとピント合わせが難しい。
022021

順光で青空バックなら申し分なかった。
032021 

|

« オオワシ2020-21ⅩⅩⅤ(3/3) ラストで昨日の飛翔色々 | トップページ | 9日ぶりのカワセミ »

オオワシ2020-21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2020-21ⅩⅩⅤ(3/3) ラストで昨日の飛翔色々 | トップページ | 9日ぶりのカワセミ »